東横とこ/さよらいひさんをフォローして、最新情報をチェックしよう!

マイページへ

Ci-enはクリエイターに対して、金銭的な支援を送ることができるサービスです。

東横とこ/さよらいひ

自作ADV「~CROISEMENT~ クワズマ」のプレイ記事

この度、2020年8月20日に、わが処女作であるADV『~CROISEMENT~ クワズマ』をリメイクして公開しました。それについて作者自らのプレイ記事を作成しています。



女教師の鶴美(つるみ)さん、黒髪男子の生徒会長の来葉(らいば)、銀髪イケメンの玄翁(げんのう)、銀髪ぎざぎざ頭の平類(びらる)。クラスの中ではこいつらが主人公と仲良く掛け合いを繰り広げます。

ルートヒロイン(キャラ)について
このゲームには、12ものルートがあります。そのキャラたちについて紹介します。


七星 跳越(ななほし とっこ)さん
このゲームのメインヒロイン。ゲームでは化学・歴史を選び、生徒会に入ることでルートに入ります。彼女に好意的な選択肢を選んでいればまず間違いなく攻略できます。
物語としては、主人公が編入早々クラスメイトに生徒会に勧誘され、それに素直に応じて入ることで出会う機会が増えていく…というお話です。


お話の途中で、気弱な彼女が生徒会長を解職請求したり、麻雀対決で立ちむかうなど見所もあります。


粗渡 夢子(そわたり ゆめこ)さん
口が下手で人づきあいが苦手な女の子。ゲームでは化学・歴史を選び、生徒会に入らないことでルートに入る。選択教科で出会いが増え、気が合っていきます。ルートに入るのは簡単ですが、入った後に9連続でバッドエンドルートへの選択肢がある意地悪なルートです。夢子さんの暗い過去を物語の進行で解決していきます。


中塩 璃葉(なかしお りは)さん
主人公のクラスメイトで、仲間内紅一点の女の子。優秀で男慣れしているがどこかずれているぞ。ゲームでは地学・歴史を選ぶことでルートに入る。クラスメイトの特に来葉といつも一緒にいる彼女をどう振り向かせるか、クラスメイトで近いようで意外と遠いヒロインです。
物語の中心は文化祭。そこで彼女と一緒に活動することで何か芽生えることでしょう。


九条 康上(くじょう やすえ)さん
下ネタ大好きな片腕の女の子。ゲームでは化学・地理を選ぶことで自動的にルートに入れる。一見ネタルートだが、彼女の片腕の理由や記憶喪失・家族との離別再開があるため意外と重い話になるかもしれないぞ。

全クリした後でもう一度攻略すると、主人公が留学するルートが新たに出現するぞ。



塔城 透(とうじょう てゆる)さん
小さいからだと元気さを兼ね備える女の子。運動が優秀なので勧誘を受けているレベルだ。ゲームでは地学地理を選ぶことでルートに入れるぞ。
新部活である女子バレー部の成立に力を注いでいくうちにきずなが深まっていくが…


透ルートで出る作中唯一の3年生、立浪 紀子(たつなみ のりこ)さん。適当な性格で再評価されたことがあるぞ。


黒曜 灯奈(こくよう ひいな)さん
一見お嬢様だが、画像の通り変顔でひょうきんで庶民的な面がある金髪美少女だ。社交的で共通ルートのいろんなところに絡んでくるが、攻略するには生物・地理を選ぶ必要があるぞ。
ルート内容はカオスルート。テニスの試合から日本の支配にまで話が広がるぞw。


風戸 四葉(かぜと よつば)さん
灯奈に続いてお嬢様な外見をしているが、乱暴者の女の子だ。化学・歴史を選び、生徒会に入ることでルートに入れる(跳越ルートとまったく共通)が、遅刻したり麻雀対決で負けないとこのルートには入れない。メインヒロインの跳越とは仲が良くクラスも同じだ。
生徒会長の来葉とは何か縁があるようだが…


波石 藍子(なみいし あいこ)さん
ゲームが大好きな生徒会役員女子。少々ボーイッシュだ。ゲームでは地学・歴史を選び、藍子さんに好意的な選択肢を選ぶことで入れる(間違えると璃葉ルートに入ってしまう)。
ゲーム好きが高じて学生会議の議題にゲームの持ち込みを認めてもらおうとするが…


片桐 綾音(かたぎり りょうね)さん
生物・歴史を選ぶと編入してくる女の子。少々片言で片足の女の子だが非常に気が強い傲慢な性格だぞ。この曲者と仲良くなり、修学旅行で探検するのがこのルートの特徴だぞ。
ちなみに3年生編では意外な登場をすることになる。


五糊 麻末(いつつのり ますえ)君
なんと野郎も攻略できるぞ。地学地理を選ぶことでルートに入れるが、透とテニスをするなどして交流を深めるとそっちに行ってしまうぞ。
風紀委員長なので風紀委員にかかわる物語が展開されるぞ。リアルで生徒会長をしていた東横とこの実体験がもとになった価値あるルート(学生時代に色々することの大切さを描いたルート)だと思っているぞ。
ちなみに女の子の方は妹の詩歩(しほ)。当然だが物語に絡んでくるぞ。


羅内 鶴美(らない つるみ)さん
主人公のクラスの担任をしている、新人女教師。ほかのルートとは違い鶴美さんの好感度を上げる選択肢を選んで好感度を満たさないと入れない。ゲームに付属している攻略記事を選んでルートに入ってくれたまえ。
10年前の私はこんなに濃厚に生徒と教師の恋愛を描いていたのかと作者が悶絶するような仕上がりになっております。

あとは跳越ルートをクリアすることで解禁される『レジェンドストーリー』と『3年生編』があるが、前者は選択肢がない、後者はどの選択肢を選んでも変わらないルートなので、実際にプレイしてほしいです。

レジェンドストーリーは、10数年前の生徒たちが、東子高校の文化をいかに根付かせたかがわかるお話です。選択肢がないので読み物としてお楽しみください。
3年生編は、主人公たちが生徒会を引退して、受験して、卒業していくお話です。2年生時では敵だったり縁がなかったあのキャラもこのキャラも、みんなが一丸となってそれぞれの進路を考える姿が描かれます。作者の高校3年生時代がわりとしっかり描かれていました。このゲームをプレイしているときだけ、プレイヤーの皆さんにもあの頃に戻っていただければと思います。






この先はネタバレです。最後に攻略するルートとして当初作成していました










根包 西湖(ねくるみ しゃこ)さん
主人公のご先祖様。名前の「西湖」は主人公がつけたもの。生物・歴史を選び、途中に追加される選択肢の、9月2日で「いいよ」をえらんだのち、パスワードで2453を入力することで入ることができる。気弱な女性だがご先祖様なので大切にしてあげよう。
\いいね・ツイートで応援!/