Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

閑談茶房 2022年05月04日 11:34

立ち食いそば その八

先日コミティアで頒布する為の原稿を入稿し終え、最寄りの御茶ノ水駅を歩いていました。

もう昼前なのに朝御飯も食べていなかった為、立ち食いそばでも食べるかーって思っていたのですが…。
御茶ノ水駅付近にはそば新、明神そば、そして小諸そばもあったのですが、全て閉店していて。この2年位コロナや初めての連載もあり、印刷所に通う事も無かった為気付かなかったのですが。無くなるとやはり悲しいものです。明神そばとか雰囲気があって良かったのになぁ。

悲しんでいても腹は減る為、隣の本郷三丁目駅に向かう事に。こちらにも気になっている立ち食いそばが2店舗あって…。
閉まってる。
ただこちらはゴールデンウイーク中はお休みと言うだけだったので一安心。
何というか淋しい気分になり片頭痛まで起こって気持ち悪くなる始末、泣く泣く池袋に戻りました。

そんな中あそこならやってるだろうと向かったのがこちら。


西口からまっすぐ進んで、交差点直ぐの場所にでーんと店を構える中々の貫禄。池袋のど真ん中と考えるとむしろ異質ですらあるのだけれども、それはそれで趣深いのである。
中は12人位入れば満席になる細い空間。しかし掛かってるのはJ-WAVE。頭がバグる。
いやいやさっき片頭痛が起こって脳どころか視界までバグってるから個人的な問題のせいだ。
何はともあれ、体調を考えて…何かなすが食べたいからなす天そばにしよ。

一口大に切られたなすが7切れ程入っていて、恐らく半身は入っている。これはありがたい。
汁をズズズ…。濃そうな見た目に反して口当たりは優しい。飲んだ後に適度のしょっぱさと風味が口に残る。
そばは濃い目の茹で麺の様子。しっかりした汁を受け止めるには丁度良く感じる。最近思うのは茹で麺て濃い味に合う。遊び心に対応してる気がする。案外懐が深い。
汁の浸みたなすが旨ぇー。

食べてる間にも結構お客がやって来る。しかも男女問わず。色んな人から愛されてるのね。
そこに店主の明るい声での「いらっしゃいませー!」「有難う御座いましたー!」が心地良く響く。
大黒屋も亡き今、末永く続けて欲しいと願うのでした。

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

最新の記事

月別アーカイブ

記事のタグから探す

限定特典から探す

記事を検索