Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

ゲームセンターテクノポリス 2022年06月01日 01:44

店長の部屋:6月。(早くも上半期ラストの月)


6月になったのでレギュラープラン以上でごり園いただいている皆様に Wi-Fi のアクセスパスワードを再告知(2ヶ月単位で変更しているので6月は5月と同様なのですが)しようと Ci-enの投稿EDITerに向かいながら、雑談テキスト打ちます。

まずはお礼

今月も、レギュラープラン以上のご支援継続いただいている皆様心より感謝申し上げます。そして、前回の記事投稿時よりフォロワー様2名様増えまして感謝申し上げます。


いろいろ、皆様のお気持ち大切にしながら6月の営業に反映させていきたいと思います。ありがとうございます。

おいらの頭の中の考え

数回前のCi-en投稿流れなのかもしれませんが、前週末より3日ほどでお客様より「店長、店長って今、何を考えていますか?」って様なことを2名様より質問受けました。

びっくりしましたが、時々スタッフメンバーよりも聞かれるんですよね。おれ、不思議ちゃんなんでしょうか(笑)


ぶっちゃけ、考えていることは多すぎてまとめるのが難しいってお答えしましたが、そのくらいに「短期的(すぐに)にやること」「達成に向かって計画しながらやること」「長期的に継続してやること」があります。それを全てこなしても店舗が残せるかわかりません。

「短期的(すぐに)にやること」+αであれば

・店舗の入り口看板のシネマチャオ看板(横帯)をきれいにする。
・メンバーオペレーションが効率的になる様、部材の取捨選択
・クリーンネスの更なる向上
・店舗外収益の拡大と維持
・テクノポリスデザイン(ARCADE PLUS)ブランドの拡散
・デザイン知識の向上により空間演出提供の向上
・今までメンバーミーティングで提案されていながらも実現できなかったハード面のパワーアップ

そんなことでしょうか。
あと、中古ゲーム機市場の動向、8月の長岡まつり、その他にも年度末まで市内イベント各種に首を突っ込む事とか考えています。クリエイターイベント「ツクリテイデア#2」にも多分。


今後のゲーム機種選定

直近で発売されることがわかっているのは「東方〜」のシューティングゲームだけでしょうか。ロケテされているタイトーの音ゲーや、ナムコのクレーンゲーム機もありますが当店の規模では買えないですし、売ってくれるかも不明、使いこなせるかも不明です。

変に情報通ぶって語ってしまうと関係各社に迷惑がかかるの今現在、私が全く知らないこと を書いていきますね。

・ガンダムEXVSの新作は?=>全く知りません。でもいづれは出るんでしょう。シリーズごとかわるかもだし、万博関連で全体的には動いているだろうからなにかやるかも。今年、来年やられるとロケがタヒるので勘弁してね。

・スト6。アケは厳しそうに思えるね。鉄拳新作、わからない、知らない。バーチャ、それこそ全くしらない。メルブラアケ、出たらいいなぁ出来ればAPM3で。

・音ゲー全般。タイトー以外に数社ほど噂話は聞いてますが裏取りできていません。今は守秘義務厳守の時代ですし。


アケと家庭用のPRについて

私は基本的にゲーセンで家庭用のPRは行わない主義です。「心、ちっちゃ」って思われても家庭用ゲーム環境にお客様を誘導するのは原測定に(例外を除いて)行いません。

でね、某メーカーの某ACゲームの公式ツイッターの8割が、家庭用版のPRツイートになっていて呆れています。業務用の顧客を家庭用に誘導する様なつぶやき、とても困ります。

この場にて抗議します。

(大きなことを言っている様で、とても小さなコミュで独り言いっているだけという事をご認識頂き、寛大な眼差してお読みください^^; )

あのね、アケと家庭用で同一バージョン同タイトルを出すなら、ツイッターアカウントくらい個別にして、RTで補完しあってよね。アケ店舗経営者、運営者も死活問題なんだからさぁ。

なるべく、時代錯誤と言われようが「家庭用じゃなくてアーケードでねって」事でゲーセン運営やっているんでね。皆様のお財布の中の100円&時間の取り合い競争なんですよ!ゲーセンビジネスというやつは!って言ってやりたい。

ゲームセンターのゲームは有る程度ニッチ層狙いでいいと思っいます、私は。家庭用出して結局ゲーセンも家庭用も共倒れ・・・みたいなタイトルが多い。家庭用でオンラインができる様になっているので、家庭用で練習してゲーセンで挑む!なんてのが成り立たない現代、ゲーセン独占タイトルはゲーセンの魅力の一つでも有ると私は考えます。


『本物はここ(ゲーセン)に有る。』

ホームページのレイアウト崩れ

現在、当店のホームページ https://am-factory.jp/tecnopolis/ のレイアウトが崩れて簡易的表示になっております。月末月初の他業務で手が回っていませんが、修正するようにいたしますので今しばらくご勘弁ください。


店舗の有効活用宣伝


当店では店内環境を利用した、各種撮影、番組収録、オフ会、講習会など大歓迎で対応いたします。インスタやTikTokでの大掛かりな撮影では他のお客様へ迷惑がかからないか店舗サイドの許可を得ていただければ可能ですし、コスプレイヤーさんの撮影、自主制作映像作品(動画撮影や風景写真)の撮影なども同様に事前調整で対応しております。

『費用かかるんでしょう?』って思われるかと思うのでぶっちゃけを書きますと店舗PRになればほぼ無料で大丈夫です。ただし、営業時間外の撮影や、スタッフが早出、残業しないといけない場合は経費相当額(1時間3000〜5000円程度)をお願いしております。

過去の例では映画館ホールを貸し切っての音楽イベントやタトゥーイベントなんかもありましたし、ゲーム講習会、ゲーム開発会社さんの資料撮影、地方マガジン誌の店内撮影、大学生さんの卒論協力(私のインタビュー)なんてのも有りました。


我々で思いつかない様な事、まだまだ有ると思うのでお持ち込み企画としてお気軽にご相談いただけましたら嬉しいです。

まとめ

今年も半年が過ぎようとしています。そして6月は夏です。経済、社会情勢、いろいろ変化を感じる昨今ですが、当店も取り残されない様、振り落とされない様、頑張りますので今後ともよろしくお願いいたします。

テクノポリス店長 

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

月別アーカイブ

記事を検索