Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

投稿記事

チリの記事(8)

望月ケンジ

望月ケンジ 2021年02月23日 09:55

南米チリでのできごと (その 8) 川の向こうに

川に突っ込むにあたって、靴下はどうせ濡れるからぬいでおく。素足に直接登山靴。ズボンのすそは適度にまくりあげておく。

川はそれなりに平らっぽい広い河川敷を流れてるけど、けっこう流れは速い。全体が瀬になってる感じだから、そう深くはないだろう。だけど水は青白く濁りぎみで、水中のようすは全然見えない。

ではまず一歩…冷てっ! これ雪解け水がそのまま来てる温度だよ。やばいやばいやばい。うぐわぁ…足冷える…どんどん冷える…早く渡りきらないと…。でも足元みえない。深みがあったらまずいから慎重にいかないと…。ああでもどんどん冷えてくる…。

フォロワー以上限定無料

写真が 3 枚見れます。

無料

【 ヤマネプラン 】プラン以上限定 月額:100円

テキストの続きが読めます。

月額:100円

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
望月ケンジ

望月ケンジ 2021年01月24日 21:49

南米チリでのできごと (その 7) アンデスの川に突入

三回目のチリは 12 月だった。南半球では夏!鳥も繁殖期!前回みたいな雪の壁もないはず。今度こそサンプラ (Diademed Sandpiper-plover; Phegornis mitchellii) を見るチャンスだ。もう絶好の。

サンプラの前にまずはチリに来た用事を済まさなくてはならないわけだけど、その合間にネットをのぞいてたら、なんだか嫌な情報が入ってきてた。「あの有名なサンプラの繁殖地、四輪駆動車のサーキットにされて消えちゃったぞ」…え…えええええ!? どういうことそれ。

フォロワー以上限定無料

写真が 2 枚見れます。

無料

【 ヤマネプラン 】プラン以上限定 月額:100円

先月以前に投稿された記事のため、この限定特典を閲覧するには[ バックナンバー購入 ]する必要があります。

月額:100円

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
望月ケンジ

望月ケンジ 2020年12月31日 21:49

南米チリでのできごと (その 6) 巨大フジツボを食え

さて、豊かな海の食べもの編。

日本での旅行ガイドブックだと、よくウニが紹介されてる。日本人好きだもんねウニ。とりあえず試しちゃうのわかる。うん。

で、海辺の通りを歩くと、でっかいウニが店先に盛られてる。店のおっちゃんも外国人客に慣れてる感じで、「食うか?」ってアピールしてくる。どうやら一個頼むとその場で割って出してくれるシステムが確立されてるらしい。よし食おう。よろしく。

【 ヤマネプラン 】プラン以上限定 月額:100円

先月以前に投稿された記事のため、この限定特典を閲覧するには[ バックナンバー購入 ]する必要があります。

月額:100円

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
望月ケンジ

望月ケンジ 2020年11月28日 08:33

南米チリでのできごと (その 5) 豊かな海へ向かう

山の上は雪だらけだったんで、サンプラ Diademed Sandpiper-plover (Phegornis mitchellii) は今回きっぱりあきらめて、ひとまず海へ出ることにする。

街の近郊を車で通りながら感じたのが、凧揚げの人気っぷり。子供たちがあっちこっちで凧を飛ばして遊んでる。日本で言う駄菓子屋みたいな店があって、凧がずらりと並べて売られてる。へー、なんだか昭和の日本みたい。

【 ヤマネプラン 】プラン以上限定 月額:100円

先月以前に投稿された記事のため、この限定特典を閲覧するには[ バックナンバー購入 ]する必要があります。

月額:100円

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
望月ケンジ

望月ケンジ 2020年10月01日 16:27

南米チリでのできごと (その 4) 雪の壁

で、サンプラ Diademed Sandpiper-plover (Phegornis mitchellii) がいると期待しつつアンデスに向かうわけだけど、ひとつ気がかりなことがある。それは、これから行く場所の情報が、ぜんぶ夏のもの、ってこと。今は 8 月、南半球は真冬だよ。冬にその場所へ行った話はぜんぜん聞かない。ちょっとこれは…不安な…。

図鑑の分布図を見てみると、非繁殖期になると少し標高の低い場所へ行く個体もいるみたいだけど、繁殖地あたりでは一年中見れるっぽい感じにはなってる。じゃあ大丈夫かな?とりえず行ってみるしかないんだけどさもう。

フォロワー以上限定無料

古い写真 5 枚です。

無料

【 ヤマネプラン 】プラン以上限定 月額:100円

先月以前に投稿された記事のため、この限定特典を閲覧するには[ バックナンバー購入 ]する必要があります。

月額:100円

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
« 1 2

月別アーカイブ

記事のタグから探す

限定特典から探す

記事を検索