Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

大型MODとは決してオリジナルのゲームをプレイした上で、さらにプレイする価値のある物にはならない話

大型MODというやつは決してゲームを良いものにはしない。

理由はシンプルで。
基本的には戦闘や(広義の)レベル要素を主眼に置いたMODの話とする。

傾向A・Tierを増やす

オリジナルのゲームに飽き飽きしてる癖に、tierを増やすだけである。
地雷確定。

クラフトのあるゲームなら、レシピ管理や材料調達が煩雑になるだけ。
エネミードロップもあるゲームなら、ドロップとクラフトに依存する割合が極端に
クラフト寄りになる。

傾向B・動作やシステムを増やす

アクション要素の強いゲームの大型MODなど見るに値しない。

個人やそれに毛が生えた程度の開発力で、
まともなアクションゲームを開発できるはずもなく。

数字だけならバランスを取ることが可能な望みはあるものの、
アクションゲーム的な強みのバランスなど取れるはずもなく。

開発放棄された"僕の考えた最強の武器MOD"みたいなものをやたらと
拾ってきては隙間のゲームステージに突っ込むため、
そのアクションゲーム的な強さも乱高下する。

敵キャラは同じようなクソムーブを繰り返すようになる。
(前兆なしでキャラクターに重なる瞬間移動をするボスばかりになったりする。
基本的に"前兆がない"のは、企画力やエフェクトの開発力がないためである。)
こちらも"僕の考えた最強のボス"みたいなやつを
拾ってきては隙間のゲームステージに突っ込むため、
アクションゲーム的な強さは乱高下する。

敵はほとんどそのままで、追加された僕の考えた最強の武器で
しばきまわすのを楽しむだけの作品になっていることもあるでしょう。

またアクション(RPG)というのは、
基本的に"すべて回避すれば勝てる"ため、適正なバランスかどうか
審査することはインディー未満のこれら小規模開発では不可能である。


(画像は無関係)

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

月別アーカイブ

限定特典から探す

記事を検索