Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

ワクチンの副反応について

気になる記事が出てたので紹介しておきます(忘備録)

新型コロナワクチンの副反応が強いほど、ワクチンの効果が期待できる? 副反応が軽くても大丈夫か(倉原優)

Yahooニュース

https://news.yahoo.co.jp/byline/kuraharayu/20210818-00253750

>ワクチン接種から数日間で起こる副反応は、体内に異物が入るために起こるものです。とはいえ、メッセンジャーRNAそのものによる反応ではなく、アジュバントと呼ばれるワクチンの効果を高める添加物によるものです。

免疫機能が働いていると言われていましたが、接種させるための口実だった・・・ということで、筋肉注射に対する反応だったようです。
モデルナ社のワクチンは発熱の副反応が出やすい傾向ですが、添加物の違いによるものだと考えれば問題ありません。


>ワクチンの副反応が強くても抗体がたくさんできるわけでもなければ、副反応が弱くても抗体ができないわけでもなかったのです。
>その他、若年者、2回目接種者、新型コロナに感染したことがある人では副反応が出やすいとされています。

大差無いとのことで、若い人の方が副反応も強く抗体が多く作られていたことから「副反応が強く出た方が抗体がつくられている」と言われていましたが、そうでは無かったようです。




>これまで人類に接種されたさまざまなワクチンの研究によると、女性の方が副反応が出やすいことが分かっています(3-5)(図2)。これは、自然免疫系に性差があるためと考えられますが、詳しい理由はよくわかっていません。

「理由はわかっていません」ということが分かっています


現時点では以上の考え方が主流ですが、「研究の結果、実は違っていた」なんてことはザラに起こりますので、その点は覚えておいてください。


何度も言いますが、

・ワクチンを打って副反応で寝込むリスク と
・ワクチンを打たずに死亡または数週間苦しむリスク

だったら、どっちの方がマシかなんて考えるまでもないと思うのですが、何故か目先のことしか考えられない人がそれなりの割合居るみたいです。

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
  • クリエイタータグ

月別アーカイブ

限定特典から探す

記事を検索