Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

コミナティ筋注を打ってきました(一回目)

コミナティ筋注を打ってきました(一回目)

忘れないようにメモしておきます

例の「SARS-CoV-2 のワクチン」を注射してきました。
筋肉注射なので痛いと警戒していましたが、全然痛くなかったです。
蜂に刺されたり、ムカデに噛まれたりした方が痛いよ。

予診票に氏名・連絡先・年齢・質問に答えるんですが、事前に書けるところは書いておきましょう(熱など当日で無いと書けない項目もある)
初めて書く人が不備なく書けるとはとても思えませんので、分からない点はスタッフに聞いて、以降打つ人に情報を共有しましょう。
(その方がスムーズに進む)

予診票を書いて、アレルギーや先端恐怖症などの確認をして、問題が無ければ腕のエコーを取ります。
何故エコーが必要なのかはよく分かりませんが、速やかにするために肩まで出せる服装で行きましょう。Tシャツで良いです。

エコーをして、注射を打てば御終いです。

副反応が出ないか見るために15分間待機しますが、暇なので本を持っていきましょう。

以上で終わりです。
受付から退室まで45分程度でした。


医療従事者がメインだったので速やかに行きましたが、注射を打つ医者が二人で15分で15人と言った感じでしょうか?

理由の分かっている医療従事者がコレなので、一般市民は倍ぐらい時間がかかってもおかしくないですね。
ドタキャンしたりゴネたりする人は必ず居ますから、そういった人で時間が取られるのは明白です。


ワクチンを打つ参考にしてください。

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
  • クリエイタータグ

月別アーカイブ

限定特典から探す

記事を検索