MetaFormingPro Oct/12/2019 20:01

【考察】個人による、中規模ゲーム制作講座かもしれないもの2


特に意味は無いサムネのへ

台風がやばいらしいですが、わたしは気温の変化で風邪気味です。
早期に薬飲んだからか極めて症状軽い状態で持ち直しましたが。

さて、前回からのつづきー。
中規模以上の制作を開始する前に確認しておく心構えなど。

「全てできる」のが大前提

基本的に、「やろうとおもっている事は全てやり方がわかっている」
が大前提です。
「あーいうのがやりたいけど試したことは無い」ものがあるなら、
それの中規模制作はまだ早いです。ミニゲームを作り、
「わからないことは無い」状態に持っていく必要があります。

開発期間は想定の数倍かかる

インタビュー記事、ありますよね、個人開発した人の。
記事内でこういう風に書かれることがあるでしょう。
「このゲームの開発には1年ほどかかった」。
これらは、一年の予定で制作して一年かかった のではなく、
数ヶ月に予定で制作して一年かかった のです。

なので、こういう記事の年数をそのままとって、
1年の目途で開発しようと思ってはいけません。3年かかります。

1か月で作りきってやる! くらいの勢いで望んでも間違いじゃないです。
それでも3か月はかかるのだから。

チーム制作は無理、複数人なら自分+お助け程度

ここまで個人前提で書いていますが、
絶対に最後まで一人で作り続けなければならない、という訳ではないです。
要所要所で他の方の手を借りるのはアリです。しかし、同時に言えるのが、

・誰一人欠けてはいけない複数人体制は死

ということです。自分以外のメンバーがいるのしても、
基本的には「自分一人でも完成させられる」体制が望ましいです。
雑魚敵枠や、曲関係は製作途中でメンバーが崩れてもなんとかなる部類です。

トータルボリュームは常に意識する

例えば中規模のアクションゲームを作るとしましょう。
この時、肝要なのは「何ステージのボリューム」か常に定める事です。
「やれるだけいっぱいステージ作ろう」は駄目です。3ステージで止まります。
「これは10ステージあるゲーム」と最初からゴールを見据える必要があります。

ただし、このゴールを最初に決めた量から変えてはいけない訳ではありません。
「10ステージは多すぎたから8ステージに減らす」は全然問題ないです。

まとめ

ここに書いてあるのは「個人開発」がベースですが、実際のところ
企業での開発でもある程度通底することです。
企業開発の場合、「工数」やら「予算」やらそういうガチ概念が出てきますが。
あと企業の場合はこれらはプロデューサーとディレクターの仕事です。
勿論プログラマーも、各々のタスクにどの程度の工数がかかるかは
ディレクターと示し合せるわけですが。


今回はこんな所で。次から実際の制作光景あたりに視点を移しましょう。

Latest Articles

Search by Article Tags

Monthly Archive

Search by Exclusive Perks

Search Articles