Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

Project.H

Project.H 2021年02月28日 16:58

【21.02.21~21.02.28】進捗+旧ツクールサポ終騒動に関して個人的なアレ

進捗はフォロー限定にぶち込んだので進捗だけ見たい人はスクロールしてください。


0章のシーンをスチル化したらどんなかなと思って描いたのですが、なんかいらんような気がしないでもない。




skeb再開しました

https://twitter.com/knenjbbjngsm/status/1364930635140243460

どうでもいいけど前回記事で4月って書いてあったんですが、わたしの中で3月の概念がトんでました。あたままわってない。車検で恐ろしい額が吹っ飛んでいくことが判明したので、どうぞよろしくです。職場と家の往復くらいにしか使ってないのに……




雑記

先日、ツクール公式から旧ツクールのサポート終了のお知らせがありました。
わたしは昨年末で終わったもんだと思ってたので、あれ、伸びたんだくらいにしか思ってなかったんですが、中身見たら「アンロックコードの再発行もしない」とあり……

「それ実質ソフト終了のお知らせでは?事前情報よりしれっと重いこと書いてない!?」

と動揺しまくってたら、界隈でも大騒ぎになってました。翌日には公式から追加アナウンスがあり、「今後も今のツクールは使用できます(要約)」という回答が得られたのですが、改めていろいろ考えさせられましたね……

正直、今の制作捨ててツクールに見切りつけてツールを変えることも考えました。
製作は0からになりますが、ツールの存続にヤキモキして追い詰められながら制作する方がわたしは精神的にきついからです。

いままで冗談半分で「MV憎しAce万歳」と言ってはいたものの、一番自分で意味が分からなくなりつつあるのがこれでした。

「なんで公式にツールの乗り換えを迫られて追い詰められながら制作してるんだ?
 全シリーズ互換性のない切り捨て仕様なのに」

たぶんこれ、わたしがツクールのターゲットから完全に外れたやつなんだと思うんですが、長期制作者にとって「互換性のない次のソフト」が出されるのって、せっかくここまで作ってきたものを捨てて一から作り直すか、旧式のまま制作続行するかの二択なわけです。
さっさと完成させない方が悪いと言われたらそれまでなのですが、Aceは販売してからすぐに、(おそらく)販売元のあれやこれやの事情があって、ほぼサポートがされていない状態でした。Aceのバグ対応の大半は有志の善意によるスクリプト公開で成り立っていたといっても過言ではありません。公式に問い合わせても返答すらないという人がいる中、(これもおそらく)ようやく販売元のあれやこれややら運営方針やらが固まったのか、唐突に発表されたのがMVです。
やっとサポートが再開されるのかと思いきや公式が展開したのはMVのごり押し。
紹介でも旧ツクールはガン無視、旧ツクール作品を切り捨てるような企画やサービスをどんどん展開し始めました。当然MV向けの素材が増え、旧ツクール素材はどんどん消失していくのでみんなMVに乗り換えていきます。この空気感に対して、わたしに限らず多くのAceユーザーが怒りとやるせなさを感じていたのではないでしょうか。


このあたりに関しても一応フォローしておくと、MV以前とMV以降で会社が変わっているので、たぶん利権絡みで手を出せないとか、旧ツクールの事情について知っている人間がほぼ残っていないのでは?とか、決して大人の事情が想像できないわけではないのです。

でもユーザーにとってはそんなん知ったこっちゃない。

今回の騒動にしてみても、今までの経緯から大半のAceユーザーは公式を信用しておらず「待った」と声を上げ始めたことがきっかけで、公式側もそんな大騒動になると思っていなかったのではないかと思います。


ただ、改めて考えると、自分がどんだけツールありきでモノ作ってるかを再認識させられてそっちの意味でもきついなーとおもいました。
ツールの乗り換えを考えたと書きましたが、わたしの制作物の大半は「RPGツクール(もっと限定的だとVXAce限定等もある)で使用することを目的とした素材でそれ以外では使えない」 というものばかりです。ツールを変えると言っても、簡単にデータを移し替えればいいというわけではなく、ほぼ0から作り直しになります。

例えば、今回は「今後も今までと変わらず制作していただけます」という回答だったからよかったものの、「MV以前の旧ツクールの素材は一切使用できなくなります」という公式的な決定が発表されたら、わたしは今まで一体何を作っていたことになるんでしょうか。

以前、スクリプトでも、システム上重要な個所を補うために導入したスクリプトが、配布元さまの大幅な規約変更で使用できないことになり、一部作り替えをする必要が生じたことがありました。

結局、そういうことが起こった時にほとんどすべてが素材ありきで私の手元に残るものはほぼ何もないし、それって本当に「作ってる」って言えるのかなーと、なんだか変な方向に凹みました。
有志のスクリプトや素材はもちろんですが、ツクールのRTPだってなんだかんだ「善意」で使用が許されてるわけですもんね……ありがたいことだなあと再認識すると同時に、自分の非力さを痛感するというかなんというか……


ツール変えたところで結局何を使ってもこの問題にぶち当たるので、そんなこと言ったら自分で全部開発しなきゃいけなくなっちゃうんですが、なんかこう、もやもや…
すんごい腹が立つ気持ちと、いや自分の自業自得じゃん?な気持ちでどうもすっきりしません。

フォロワー以上限定無料

無料プラン限定特典を受け取ることができます

無料

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

月別アーカイブ

限定特典から探す

記事を検索