鮫島地一(タバスコ精米所Ci-en支部)さんをフォローして、最新情報をチェックしよう!

マイページへ

Ci-enはクリエイターに対して、金銭的な支援を送ることができるサービスです。

投稿記事

2018年 05月の記事(2)

電子書籍「Shapeshifter」販売開始のお知らせ

こんにちは、最近漫画のキャラにやたらと「鮫島」という名前を見かけて戦々恐々としている鮫島地一です。

ネタに使おうと「いぬやしき」を調べてみたら鮫島ってヤクザがいるらしいし、ついったでエゴサをたまにしてみると鮫島君となんとか君って漫画のタイトルがやたら上がってくるし、いつ鮫島ネタをフォロワーさんに振られるかと思うと怖くて仕方ないのです。
いえ、その2件しか見かけたことはないですしそんなのネタに振る人はいない(と思う)んですが。

確かに鮫島ってそんなに珍しい名前ではないですからね。
(多分私の本名の方が珍しいと思います)

さて、本題に移りましょう。
DLsiteさんに申請していたMONOづくり団体hanta!の相方Mariyaとの合同誌「Shapeshifter」のDL販売が始まりました!!

販売ページ


表紙はこんな感じです。

お値段は申し訳ないですが合同誌という仕様上冊子版とほぼ変わらないのですが、投げ銭のつもりで購入して頂けたら嬉しいです。

実はこの作品は2013年のコミティア106、MONOづくり団体hanta!が初めて参加したコミティアで出した合同誌です。
加えて私の人生初の同人誌です。
表紙デザインはMariyaにほぼやってもらったので今と違って鮮やかで綺麗です。(その為内容の2/3が鮫島なので立ち読みした方の何人かはがっかりした感じで去って行きました(笑))
このShapeshifterからお互い派生したシリーズが「CHTTE LUD(鮫島)」と「ごーいんぐまいうぇい!(Mariya)」シリーズです。
CHTTE LUDシリーズも今DLsiteさんに申請中なのでもう少ししたら販売開始になると思います。
今より絵が見にくいのが申し訳ないですが。

どうして今更旧作を登録し始めたかというと、合同誌なので売上の折半とかどうやろう…と迷っていたのもあります。(在庫をそろそろ整理したいというのもありまして…)
でも、CHTTE LUDは思い出深い作品なのでどうしても電子書籍でも出しておきたく、12年近く経って漸く相方に相談したという次第です。
CHTTE LUDシリーズについては、作品がDL販売開始される毎に世界観とか言い訳めいた設定話とかしていきましょうか。

残念ながらこちらで相方の作品は扱ってないので「ごーいんぐまいうぇい!」の方はお見せ出来ませんが、相方がもし電子書籍を出すことにしたらお知らせしますので是非見て下さい。冊子自体はコミティアで頒布しておりますので、是非遊びに来てください。(今度こそはちゃんとティアの宣伝もブログに書くんや…!!)
Mariyaのイラストは私の絵と違って(というより寧ろ真反対で)カラフルで、鮮やかで、繊細です。


そうそう、近々別記事にしてもう一度ちゃんとお知らせしますが、7/1のTOKYO FES Jul.2018にて開催される洋ゲーオンリー「UNLIMITED EX」に参加します。


みす〇学園オマージュ

目下製作中ですが、MONOづくり団体hanta!のメンバーとTerrariaの合同誌、フォロワーのTES錬金術の師匠黒猫さんの錬金指南本(挿絵:鮫島)と、フルカラーの漫画+イラストごっちゃまぜの個人冊子を製作中です。
Terraria合同誌はメタルペーパーを表紙に使うのでギッラギラです。楽しみです。
しかし作業量が半端ないです。おまけにまだ何も手を付けてないです。
頑張ります。(大丈夫、作業スピードにはある程度自信があるので絶対に落としはしません。)

表紙やサンプルが出来たらまたリンク貼ったり画像貼ったりしますので、当日遊びに行く方は是非私のサークルにも遊びに来てください。
多分、Terrariaで参加してる唯一のサークルです。

では、今回はここまで。

\いいね・ツイートで応援!/

プランと方針を変更してみました

こんにちは。最近のマイ流行語は「あぁ~○○の音ぉ~♪」の鮫島地一です。

「定期的に何かをする」「人の為に(定期的に)何かをする」というのが極端に不得手な性格の為、早速このサービスの使い方に乱れが生じてきました。正直に言うと「面倒くさくなってきちゃった」んですね。
コミティアのお知らせもお品書きもこっちでは何にもあげませんでしたしね。

HPをやっていた時は学生だったので日々何かしらハプニングがあったしリンク貼って交流してたまだ見ぬお絵かき友達さんとの交流(今では死語と化している「バトン」や「30の質問」等)があったので日記も捗っていましたが、状況も変わってしまい早々面白いことを長文で書くという習慣がなくなってしまいました。
ついったという最強自堕落大喜利SNSがありますしね。

それでも、人のブログを見るのは好きです。
勝手に敬愛している野田サトル先生もお忙しいのかブログの更新がぱったり止まっちゃったのは個人的に結構寂しいものでした。 私がブログ発見したの去年からなんですkedona

さてタイトルの話。
前述の通り「有料(月額)だから何かしないと…!」みたいなのは私にとってあまり良い環境を生み出さないというのは、Ci-en初めて記事を数回書いた時点で薄々気付いていました。
海外のこういった支援サイトの大手Patreonでは支援制度を月額制か作品毎かをクリエイターが決められるのですが、システムが難しいのか概念が無いのか日本じゃ月額一本通しなんですよね。
わがまま身勝手気紛れメンタルの私にとってはこの時点で既に高き壁です。
「だって、完成作品以外の見返りを毎回用意しなきゃいけないなんて本来のパトロンシステムと違うじゃない」等とかましているわけです。

と言う訳で、プランの内容を変えました。
月に何百円私に支払おうとあなただけの特別なキャンディをお渡しすることは出来ませんが、頂けると私は大変助かります。

ざっと書きますが
欲しい資料の殆どがハードカバーでしかないような本ばかりなのでこれが大体平均3000円、更に私は映画を参考に漫画を描くタイプの人間なのでDVD代も結構します。(最近はプライムビデオなどもあるので大分助かってますが。)
加えてアナログ・デジタル混合人間なので原稿用紙やインクなどの画材、Adobeやクリスタの月額費もかかります。
それで極めつけは印刷代(と年金)です。
それ以外にも交通費、生活費(実家暮らしですが、食品や生活雑貨を一部負担しています)等々…
貧乏自慢しているようでこんなこと書きたくはないんですが、別に私だけが特段浪費家と言う訳ではないと思います。皆色々切り詰める工夫はしていると思いますが、何かを作ろうとするととにかくお金がかかるんです。…多分。少なくとも私は。たかだかバイトの分際でこれを全部賄うのはやはり厳しいです。
バイトしかしてない人間がモノづくりなんて甘ったれるなと言われそうですが、思い出すだけで呼吸が出来なくなるくらい嫌な目に合ったので社会人には向こう10年はなりたくありません。外面だけ良いふりして、毎朝人のいない所に二人きりに呼び出してねちねちと10分以上もどやしてくるような人間が跋扈するのが当たり前の社会なんてもうまっぴらごめんです。


盛大に脱線してしまい申し訳ありません。
何故こんなタイミングでプランを変更しようと思ったのかというと、ついったーで「もっとクリエイター側も気軽にお願いしようぜ!してもいいんだぜ!!」という声が大きくなってきているようなので「そうか…そうやってもいいんだ…」と恐る恐る末席に座らせて頂いた次第ではあります。
海外向けサイトでだと「ここに絵載っけとくから!良かったら少し恵んで!!」って気楽に書いてるんですが、何故日本でそれが出来ないのか…こんな時ばっかり日本人の右倣え気質が出てしまうのか。

あまり面白くない長文失礼致しました。
と言う訳で、今後は気張らず、「来てくれたらラッキー」くらいの気持ちでこちらを更新していこうと思います。これなら晴れ晴れとした気持ちでブログも書けるってもんです。
ブログ内容も新刊の盛大なネタバレだったり他サイトにも上げているイラストだったりになります、ここ限定のコンテンツは今の所何も考えていません。
オリジナルなものと言えばせいぜいこのブログと、支援してくれる方が来たら冊子の割引とかポストカードデータの配布くらいでもしようかなとは思っています。

記事は全て誰でも見られるようにしておきますので、好きに楽しんでください。

それでは、原稿が危ないので。
(とかいってそういう時ばっかり現実逃避してブログ書きに来たりするんだぜ~)

\いいね・ツイートで応援!/

記事を検索