眞名井蒐集堂 May/29/2024 21:20

短編小説「心の湖」

彼女はいつも心の湖に身を委ねていた。その湖は彼女の内なる世界を映し出す鏡であり、時には深い静寂の中で、時には激しい嵐に揺り動かされる。

湖の水面は、静かな日々には穏やかな波紋を広げ、その中に彼女の幼い日の思い出や喜びが踊り、微笑みを湧き上がらせる。遠い過去の影が、青く澄んだ水にやわらかな色を与える。夕暮れになると、湖の水面には夕日の赤い光が揺らめき、彼女の心には幸せな温もりが広がる。

しかし、湖は時折、荒れ狂う嵐に見舞われる。彼女の心に疾風が吹き荒れ、雷鳴が轟く。湖面は荒れ狂い、激しい波が次々と押し寄せる。暗闇に包まれた湖の底から、彼女の恐れや不安が湧き上がる。それらは彼女の内なる闇の一部であり、湖の底深くに隠された秘密である。彼女はその闇と向き合い、自らの強さを見つける旅に出る。

だが、嵐が去り、湖の水面が再び穏やかになる時、彼女の心は澄み渡り、その内にある輝かしい美しさが再び輝き始める。湖は再び静寂に包まれ、その水面は澄み切って、星々の輝きを映し出す。彼女は新たな気づきを得て、自らの成長と変化を喜びながら、湖のほとりを歩む。

彼女は自分の心の湖を大切にし、その美しさを守り続ける。時には嵐に打ちのめされ、時には穏やかな日々に喜びを見出す。しかし、どんな時も、彼女の心の湖は彼女の内なる世界の鏡であり、その美しさと深さを持ち続けるのだ。そして、その湖は彼女の旅の伴侶であり、彼女が自分自身と向き合い、成長し続けるための場所なのだ。

If you liked this article, support the creator with a tip!

Sending tips requires user registration.Find details about tips here.

Latest Articles

Monthly Archive

  • 2024

Search Articles