mr.Bones Sep/12/2022 00:02

NMKD Stable Diffusion GUIのPythonスクリプトを自分用に改造してみた

ども、mr.Bonesです。

最近は寝る前にStable Diffusionの画像生成AIに大量の画像生成を指定して、翌日生成された画像から当たりを探すという作業にハマっています。

【最近の当たり画像(日本の巫女さん)】


前回の記事「画像生成AI「Stable Diffusion」をWindows PCに入れてみた」で「Artroom Stable Diffusion」と「NMKD Stable Diffusion GUI」の比較の追記で、NMKD Stable Diffusion GUIは「out」フォルダにまとめて画像が生成されてしまうと書きましたが最新のVer1.3.1では指定した呪文のサブフォルダに画像を格納出来るようになりました。

ですので、専ら「NMKD Stable Diffusion GUI」を使ってAIによる画像生成を利用しているのですが、いくつか不満点があったので、「NMKD Stable Diffusion GUI」のPythonスクリプト(dream.py)を自分用に改良してみました。

興味のある方は、下記に貼り付けてあるファイルをダウンロードして「NMKD Stable Diffusion GUI」の同名ファイルをバックアップした上で差し替えて使ってみて下さい。

【dream.py 改良内容】
2022/9/11
・公式で呪文毎にサブフォルダを作成してそこに画像が保存出来るようになりましたが、呪文も保存して欲しいので呪文と設定値のJSONファイルをサブフォルダに作成するように修正。
・「NMKD Stable Diffusion GUI」のオプション設定のUpscalingを設定すると画像アップスケール用の作業フォルダ「unknown_prompt_XXXXXXXXXXXXX」が削除されずにどんどん溜まってくるので、同フォルダを削除する処理を追加。

【導入方法】
1.「./SD-GUI-1.3.1/Data/repo/scripts」にあるオリジナルの「dream.py」をバックアップした上で、本記事にアップしている「dream.py」をダウンロードして上書きする。

以上です。

Pythonのスクリプトを弄るのは初めてなので、慣れた人がみたら、なんでこんな非効率なコード書いているの?とか思われるかも知れませんが、生暖かい目で見守って頂けると幸いです。

それでは。

フォロワー以上限定無料

NMKD Stable Diffusion GUI用Pythonスクリプト(dream.py)

無料

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

月別アーカイブ

限定特典から探す

記事を検索