⋈ Miyadi Fan Club ⋈さんをフォローして、最新情報をチェックしよう!

マイページへ

Ci-enはクリエイターに対して、金銭的な支援を送ることができるサービスです。

投稿記事

みやぢ屋の記事(1)

⋈ Miyadi Fan Club ⋈

🎊【みやぢ屋新作】"僕は彼女の耳奴隷"の体験版がうpされました!🎊

DLsiteの新作情報盛りだくさん✨

前作「ガチ恋不可避の耳リフレ。~ぼくっこ店員ゆずるの場合~」から早4か月が経ちましたね…!
ファンの皆様…長らくお待たせいたしました!(◍•ᴗ•◍)ゝ
みやぢ屋サークルでの第6作品目がこの度ついに発売致します✨


彼女は僕の耳奴隷。~いじめっ子JKが僕に夢中になるまで。~


予告販売ページはこちら⇒‪
https://dlsite.jp/maant/RJ293003/?utm_content=RJ293003
👆試聴音声も本日公開されましたので
ぜひ聞きに行ってみてください💓
(YouTubeの試聴動画では聴くことができない耳舐め音トラックも…!)





予告販売のページにて、


「☆お気に入りに追加」ボタンを押していただくと、
発売開始と同時にメール通知が届くようになります!
よろしくお願い致します🙏🙏✨




↓ここからは新作の詳細な内容についてカキカキします✍


<ジャンル>


バイノーラル/ダミヘ、ASMRラブラブ、暴言、
あまあま、言葉責め、耳舐め、同級生/同僚





<作品内容>

・あなたに対するキャラクターの心理的変化(嫌悪感MAXの状態⇒最終的にあなたにゾッコン)
・ぐっぽりと耳奥までえぐられるような臨場感ある耳舐め
・暴言のなかの愛情表現

となっております。


【登場キャラクターに関して】
※かなり口が悪いキャラクターとなっております。(基本的に主人公のことは"お前"呼び)
※愛情表現はありますが、暴言が苦手な方、不快に思われる方は注意してください。







<あらすじ>

「あたしからだけじゃなく、お前クラス全員からリンチされちゃうかもね…」


ついにあの"いじめっ子"が、本格的に僕をロックオンしてしまった。

―事の始まりは、とある休日。初めて訪れた耳かき専門店。
そこで僕はなんと、同じクラスの"いじめっ子"遊宇(ゆう)が働いているのを偶然見つけてしまった。
翌日の放課後、呼び出し&尋問を受けてからというものの、
すっかり目の敵にされた僕は、常に彼女の監視下に置かれてしまうこととなり…。

「なに、ガチで固まっちゃってんの?……冗談にきまってんじゃん。…ほんと…きもすぎ。」
「お前をいいように使ってるあたしにぃ…耳いじられて、気持ちよくなっちゃった?はまっちゃった?」
「あの子のこと…変に好きになったり、優しくされたとかって勘違いすんなよお前。キモオタなんだからさ。」

いじめっ子の執拗な言葉責め、耳攻めを受けながらも
あなたは、その"秘密のカンケイ"にはまっていく…。




<キャラクター紹介>

遊宇(ゆう)






<みやぢ屋KU100処女作品!>









<トラック>

1.すべてはここから(2:14)

「え…?はっ…?…おまっ…な、なんで、ここに…!」
勇気を出して初めて訪れた耳かき専門店、杏(あんず)屋。
そこで偶然にも、【僕】といじめっ子の遊宇(ゆう)は出会ってしまった。


2.尋問と恥辱(8:31)

「ねぇ。…お前さ。…誰にも言ってないよね?」
たまに呼び出されていた"空き教室"にて突如行われる尋問。
それはもちろん、昨日の耳かき屋での"バッタリ"についてである。
本当に偶然会っちゃっただけなのに、「いじめられてるからって、私の弱味を握ろうとしたんじゃないの…?」としつこく疑ってくる遊宇。ひょんなことから、【僕】の耳が敏感であることがバレてしまい…?


3.秘密のカンケイの始まり(16:41)

「…不安になっちゃうってわけ。今お前が誰と話して何してんのか、とか…変なことチクったりしてないのか、とかさぁ~?」
「…お前の耳はぁ…責任もって、あたしが可愛がってやるっつってんの…」
バイトをしたい【僕】と、させたくない遊宇の攻防。(も儚く、いいなりになってしまう【あなた】。)


4.昼下がりの営み(12:24)

「…お前さ…髪、伸びたんじゃね?…」
こういうことをする仲になって、どれくらいが経ったのだろうか。
少しずつ縮まる、二人の距離。遊宇のあなたに対する接し方もだんだんと甘くなってきており…?


5.耳から伝わる嫉妬(9:43)

「…お前さぁ…なにやってんの?他の奴にいいように使われちゃって…」
「変に好きになったり、優しくされたとかって勘違いすんなよお前。キモオタなんだからさ。」
遊宇以外のクラスメイトとも話す機会が多くなってきた【あなた】を見て、なんだかイライラしがちの遊宇。
その気持ちの正体は…?二人の関係に進展は……?


6.僕は彼女の、彼女は僕の(11:44)

「んっ…声、我慢しなくていいって…。出して、声…聞かせて。
「…耳奥ぐぽぐぽ舐められて…悦んじゃってる情けない男が…いっちょまえに声我慢なんてすんなって」
いつもと同じことしてるはずなのに、でもいつもと違う…。
空き教室じゃない、遊宇の部屋での…"いつも"。
たったそれだけのことなのに…どうして前に進めた気がするのだろうか。

「気づいたら…お前のことばっかなんだよね…頭ん中…」







<収録環境>

NEUMANN KU100 ダミーヘッドバイノーラルマイクで収録しております。
ヘッドフォンもしくはイヤホンを使用して視聴することをオススメ致します。
※本作品は全編バイノーラル録音です。





<収録時間>

計6トラック:総収録時間 1時間1分20秒。





<収録風景一部大公開>

みやぢASMRチャンネルにて
本日試聴音声動画をうpしております。👇

https://youtu.be/NMyAX0joqJU

KU100を用いた収録風景を一部公開しておりますので
ぜひ一度見に行ってみてください✨





発売日まであともう少し…!
心待ちにしてくださると嬉しいです(⋈◍>◡<◍)。✧♡

\いいね・ツイートで応援!/

記事を検索