平城山 圭 / 古都管理室さんをフォローして、最新情報をチェックしよう!

マイページへ

Ci-enはクリエイターに対して、金銭的な支援を送ることができるサービスです。

投稿記事

ガンプラの記事(3)

平城山 圭 / 古都管理室

ガンダムつくった!その3

はい、またまたガンプラ記事です😼✨

今回は前回作ったパーフェクトガンダムの強化計画なのです。
パーフェクトガンダムは元々、プラモ狂四郎というコミックボンボンのマンガで、今でいうビルドなんちゃらシリーズの元祖です。

その中で主人公がライバルと戦うためにいろんなガラクタを使ったりして作り上げたのがパーフェクトガンダム!
相手はパーフェクトジオング(足つき)だったり。


で、これが完成したパーフェクトガンダムHWS(ヘビーウェポンシステム)最終決戦バージョン(妄想)です!

ライバルとの決戦後、マンガの中でパーフェクトガンダムには弱点がある!
とかなんとかあった気がします。
今から見るとすごいいちゃもんなんですけど。
たしか……
武器が固定されていると狙いが付けにくい
とか
アーマーが外れないとだめだ
とか
武器が見え見えで戦い方がバレバレ
とかそんな感じ。

まぁ、MGパーフェクトガンダムはアーマーが着脱式なので改善版パーフェクトガンダムだったりしますけど。

改善策

・武器が大型ビームサーベルと二連装ビームガン、ビーム?キャノンと使い道がわからない機雷しかないので追加する
→手に持つ武器がないので追加。せっかく手が空いてるのになぜないのかわからない

・運用的には乱戦対応が出来る短~中距離型とする
→全面装甲で重量を上げてるんだから敵陣に突っ込まないとね

・攻撃を支援出来る機能を付ける
→火力(パワー)を上げるだけならダブルゼータでいいじゃん!ってことでファンネルを付けるのです!

ってことで基本コンセプトはνガンダムHWSってことで<おぃ
最近のガンダムは大きなロケットエンジンが付いてるのが流行みたいだし?
でも単体で遠征するくらいの機能は不要と判断したり。

なんとなく思いが固まったので作成開始!

作成編


まず、ハロを2体用意しました。
オリンピックロゴ付きが売ってたので。
ロゴは記念品として取っておきます。



背中にも目を付けろと強い人は言いました。


パーフェクトガンダムの背中タンクと接続するユニットを作って、磁石を埋め込み。
パーフェクトガンダムの中には最初から埋め込んでたのでした。
計算通り!
謎のパイプはハロの推進用にも使えるように。

ハロファンネルなのです!



次はハロファンネルに武器を持たせるユニットを作ります。
パーフェクトガンダムの武器を付けるバンド&がたつき防止用にお湯プラ粘土を埋め込み。


お湯プラで型どりしていた十字のマークとプラ板シールドを作成!


連結部分に超強力磁石を瞬間接着剤でくっつけるのです。


やすりがけしてサーフェイサーを吹いたのです。


塗装とか細かいパーツ作成。
ガトリングガンとキャノン砲。
弾はどこからか供給されてるはず!


組み上げ途中……。


持たせてみた!


ハロファンネル完成?
片手には飛び道具、もう片方はレーザーブレードを二つ装備!
ビームサーベルじゃないのはiフィールドとかいう弱いビーム無効の敵対策だったり。
パーフェクトガンダムってビーム兵器ばかりだからその弱点を補う目的もあったり。

ガンプラは自由だ!😼✨


次は本体用の武装。
やっぱハイパーバズーカだよね。
しかも二ついるよね!
ガンダムの最終決戦がそんな感じなので。


プラ板とプラ棒、プラパイプ、300円くらいで売ってるパーツを組み合わせます。
イメージはνガンダムのニューハイパーバズーカ!

売ってるのを持たせるより作った方が愛着が湧くのでした。
大変だし、精度は天地ほど差があるけどね。


塗装&組み上げ完成!
だいぶそれっぽい感じになったので満足なのです!

白は白色のサーフェイサーを吹いただけ。
緑の部品は森永のラムネの容れ物!
接着剤で付かないけど。


完成したので全部合体させてみるのです!
写真撮影は苦手なのでした。
背景は黒の模造紙にしてみたり。





ハロファンネルに尻尾(スコーピオンテイル)を追加しました。
100円ショップのビーズに真鍮線を入れたのでぐねぐね曲がります。
着脱はいつもの強力磁石!
ありがとうダイソー!!😼✨


ハロファンネル分離!
ちなみにサイコミューとAIで制御されているという設定。
相手の敵意に反応するとかでたまに戦闘を放棄したりするらしい。
こういう兵器として微妙な設定が好きなのです😼✨


オプションパーツ一覧。
飛び道具の盾にはパイルバンカーを装着。
鉄血で最強武器がでっかい針を飛ばすやつだったので。
ビーム兵器を全否定だったよね、あれ。


編隊ポージング!
バズーカの中がすけすけでいや~んな感じ。


オプションパーツ一覧。
肘と膝裏にも装甲を追加してたり。


って感じでパーフェクトガンダム強化計画でした!
(実は作成中に肩の関節が折れたので針金で補強したりと大変だったのでした。関節は金属パーツにして欲しい気も)

次回予定としてはウイングガンダムVer.Ka。


一部をキャンディ塗装にチャレンジしたり、筋彫りなどをいろいろ試したいと思ったり。

それでは今回はこの辺で。
サラダバー😼✨

\いいね・ツイートで応援!/
平城山 圭 / 古都管理室

ガンダムつくった!その2

ここ半月ばかりパーフェクトガンダムをつくってました!
以前作ったのがフルアーマーガンダムで、これはパーフェクトガンダムVer.2なので?Ver.1というかオリジナルを作りたくなったのです。

で、ネットで探してみるけど限定生産だったらしくお高いのしかありませんでした。
約8000円……ぽちっとな!


ゲットしました!
プラモ狂四郎です!
元祖ビルドシリーズです!!
たぶん。
電子書籍でお安く手に入らないかなぁ。

組み立て開始。
普通に組み立てても面白さ半減なので、以前組んだサンダーボルト版ガンダムの中身に装着出来るようにてってーかいぞうを目標にしました。


仮組み状態。
バランス悪いし、バーニアのせいで足がはまらない。
想定通り。


とりあえず足にマウント出来るようにアルミホイルを巻いた上にポリパテでかたどり。
ちなみに初ポリパテです。
プラモ再入門の初心者なのでした。
ぽりぱては とても くさい


足がはまるようになりました。


いろいろ自分好みのバランスを思考中……。


腕のボリュームが足らないと思ったのでプラ板で製作してみる。


こんなかんじで着脱可能に。
段差と筋彫りを入れればそれっぽくなった気がします。


組んでみた。
ちなみにガンダム本体の足の付け根ユニットをちょっと削って足を2mm程度短く出来るように改造。
本体はあんまり触りたくなかったけどVer.kaは全体的に足が長すぎるのでした。
あと足アーマーが関節をガード出来ていないので上に伸ばすようにポリパテを盛ってたりします。

が、なんだか思ってる感じじゃないので足アーマーをプラ板で作り直すことに。






足アーマー連結システムと型プラ板を作成。



こんな感じを経て……




かくかくポリゴンのようなプラ板積層型装甲を経て……



やすりがけをしたあと、タミヤパテで埋めてみた。
タミヤパテはお手軽だけどとても使いにくい……なぞのジレンマ。


パーツをちゃんと付けて見た感じ。
それなりに思った感じに出来たと思ったり😼✨


初めてのサーフェイサー。
このために塗装ブースを作ったのでした。
部屋が汚れたりにおいがこもったりがとても嫌だったので。
お外での塗装も嫌っていうか、梅雨なので無理。


いろいろ塗装。
そして腕を太くしたので両腕の武装が固定出来なくなったため、対策としてベルトを自作。
プラ板でパンツなどのゴム紐をはさんだのでした。
伸び縮みするのである程度の大きさは吸収出来、固定も安定なのです。
あとバーニアの中に赤く塗ったバーニアを入れてみてかっこよく。
ランドセルにプラ板でモールドや筋彫りも入れて情報を多くしてかっこよく見せる努力も。


塗装後の組み上がり。
白いパーフェクトガンダム!
だいぶ思った感じに出来た気がします。


デカールを貼って、部分的に筋彫りを増やし、墨入れをしたあと、水性つや消しトップコートを吹き付けてクリアパーツを付けて完成!





作ってる間に本体側のデカールが削れて落ちたり、塗装後に接着剤できたなくなったり、塗料が足りなくなったりいろいろあったけど、個人的にはかなり満足です!

ちょっと時間をあけて次はハイパーバズーカをフルスクラッチしたり、ハイメガ粒子砲とか付けたりいろいろ武装を追加したいなーとか思ったり😼✨

パーフェクトガンダムは中長距離で足を止めて撃ち合うイメージかなーと思ったりもするので、フルアーマーに負けてるのが残念なのです。

パーフェクトガンダムVer.3的なものとしてレッドウォーリア(アメイジングとか)もあるけど、あれはなにかわからないので作るとしたら機動性アップ?な赤い追加パーツを中のガンダムに付けるくらいかな~?

その後、入手済みのWINGガンダムVer.Kaを作りたいと思ったり。
なんかゼロカスタムのVer.Kaが11月に発売とか気になったり、00ザンライザー(Robot魂)を見ていいなーMGで欲しいなーとてもお高いなーとか思ったりしてるけどそれはまた別のお話で。

それでは今回はこの辺で。
サラダバー😼✨

\いいね・ツイートで応援!/
平城山 圭 / 古都管理室

ガンダムつくった!


GW期間は「MG 機動戦士ガンダム サンダーボルト フルアーマー・ガンダム Ver.Ka」を作ってました!
プラモデルなんてXX年ぶりです。
まさに浦島太郎状態!

過去にウワサで「ガンプラは接着剤がいらない」とか「塗装しなくても成形色でそれなりに塗装済みに見える」とか「MGはパーツ数がすごい」とかいろいろ聞いてましたが感想は……。

赤い人「バンダイのガンプラは化け物か!」

とにかくすごかったです。

まずはビルドダイバーズを12話くらいまで見て気持ちを高めてみました<おぃ
(今までのシリーズよりガンダムブレイカーって感じでした。New?知らない子ですね)



パーツはこんな感じ。
うん、なんだかすごいです。


組み立て説明書の通り、RX-78-2のコアファイターに当たるエマージェンシーポッド?とやらを組み立ててみました。
ガンダム サンダーボルトは録画してるけど見てはいないのでよくわかってません。
アステロイドっぽいところで宇宙戦がメイン?っぽいのでそういうものかもしれません。


変形!
パイロットシートも90度回転します。
細かい!!


上半身をパチ組み。(接着剤なし)
とてもかっこいいのでした!
腕のカバーはデブリ(宇宙ゴミ)対策らしいです。
なんか新鮮な関節部分。
しわしわはきれいにしようと思ったらかなりがんばらないとだめっぽいけど、テキトーな方がそれっぽいかなーと思ってテキトーに。
それでもかなり大変だったっぽい。


ガンダム本体完成!
足が長いのでニューガンダムっぽい!
パチ組みでここまでの完成度ってすごいなーと思ったのです。
一応ゲート処理?ランナーとパーツをつないでる部分はやすりで削って目立たないようにするくらいの気遣いはしたかんじ。


白色と赤の成形色はそのまま、墨入れと一部の筋彫り(初めてなのでちょっと失敗)と部分塗装をして水転写デカールを貼りまくって本体完成!!
仕上げにはトップコートつや消しを吹き付けていい感じに。

まともなスプレー塗装も初めてなのでなかなか苦戦しましたが私は満足です。

ガンダムかっこいい!😼✨
カラーリングはおおむねホワイトベース(アムロ搭乗機)仕様に。
赤いと悪役っぽくなるので。(でもこれはMk-IIっぽい気もする)


武器と装甲も塗装&デカール貼り付け&トップコート。
これにアムロを乗せたいと思いました!
歴史が変わるかも。


背面。


武器構え&フルオープン!


ちなみに一部パーツは接着しちゃいました。
アーマー付け外しでどうでもいいところのパーツが外れるので。
そのほか、武器と盾をつないでるパーツははめ込みだけど外れやすかったのでパテ&接着剤で引っかかり部分を盛りました。

以下、謎のポーズ集。





SEEDなどで流行った?ポーズ。


いないいないガンダム!

【すごかったところ】
・ゲートの太さやつながってる数もよく考えられてる
・可動部はプラスチックの種類を変えてあってポリキャップがなくてもいい感じに
・パーティングラインとかほぼ気にしなくて良い
・デカールが破れにくい
・色分けすごい
・パチ組みすごい
・パーツの精度すごい

うん、すごい。


やっと年末年始にやろうとおもってたガンプラ作成が出来ました!
「てんきた」完成後もアップデートとかいろいろやってたので、時間がとれなかったっぽい。
でもおかげで良い季候のなか作成出来て満足のいく完成度に出来た気がします。

初今どきガンプラとしては大満足なのです😼✨

でもなぜにフルアーマーガンダムサンダーボルト仕様だったのか?
新しいカトキさんのパッケージがとてもかっこよかったからですね。
まさに愛!
ミスター武士道さんもにっこりです。

ガンプラはいいぞ!

それでは今回はこの辺で。
サラダバー😼✨

\いいね・ツイートで応援!/

記事を検索