hina miyazu Jun/13/2024 15:53

世界の相変化材料産業規模調査、シェア、動向、需要分析概要 - 2023-2033年予測

相変化材料(PCM) 市場分析

相変化材料は熱エネルギー貯蔵に使用され、後で使用するために低温または高温エネルギーを一時的に貯蔵することができます。さまざまな熱管理ソリューションを提供しており、PCMは、、エネルギー要件と使用量の間の需要を管理する機能を促進します。PCM市場は、主にヨーロッパや北アメリカなどの地域での温室効果ガス排出量の削減に関する厳しい規制の存在によって推進されています。さらに、グリーンビルディングの成長、およびコールドチェーンとパッケージングアプリケーションの成長により、PCMの需要が世界的に高まっています。しかし、PCMの可燃性および腐食性は、市場の成長を抑制数可能性があります。PCMの使用についての認識の欠如も、市場成長のもう1つの制約です。

サンプルPDFレポートの請o求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-108512

相変化材料(PCM)市場セグメント

相変化材料(PCM)市場は、タイプ別(有機、無機、バイオベース)、アプリケーション別(建築と建設、HVAC、コールドチェーンとパッケージング、熱エネルギー貯蔵、繊維、電子機器)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

相変化材料(PCM)市場の地域概要

相変化材料 市場調査は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

競争力ランドスケープ

相変化材料(PCM)市場の主要なキープレーヤーには、Honeywell Electronic Materials、Inc.(米国)、Laird Plc(英国)、Sasol Ltd.(南アフリカ)、CrodaInternationalPlc. (英国)、Entropy Solutions LLC(米国)、Microtek Laboratories Inc.(米国)、Pluss Advanced TechnologiesPvt. Ltd.(インド)、Phase Change Energy Solutions Inc.(米国)、Rubitherm Technologies GmbH(ドイツ)、Phase Change Materials Products Ltd.(英国)、Outlast Technologies LLC(米国)、Henkel AG&Company、KGaA(ドイツ)、 Advansa BV(オランダ)、AI Technology Inc.(米国)、Climator Sweden AB(スウェーデン)、Cold Chain Technologies、Inc。(米国)、CoolComposites、Inc.(米国)、Cryopak Industries Inc.(カナダ)などがあります。この調査には、相変化材料(PCM)市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

Monthly Archive

Search by Exclusive Perks

Search Articles