Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

松浦はこ(松箱) Nov/18/2022 00:39

活動紹介:関西コミティア65のカタログ表紙を担当しました!

活動の記録として、「こんなことをしたよ!」というのをご紹介する記事です。

ーーー

関西コミティアの運営さんにお誘いいただきまして、
9月19日(月/祝/敬老の日)に京都パルスプラザにて開催された「関西コミティア65」、
そのカタログ『ティアズマガジンかんさい』の表紙を描かせていただきました!

ティアズマガジンかんさいとは?

ティアズマガジンかんさいは、関西コミティアの一般参加者さんの
入場証がついている、カタログ&読み物です。
(サークル参加者の購入は任意)

フォントなども和風で揃えてくださって、デザインで
すごく素敵に仕上げていただきました!


お話をいただいたときに、「自由に描いていただければ」とのこと
でしたので、完全オリジナルのイラストを描くことも一瞬考えたのですが
運営さんにご覧いただいたのが暦の擬人化創作作品だったので、
やはりここは暦っ子(こよみっこ)を描くしか!ということで
当サークルのメイン創作である暦っ子で。


暦っ子はその全てが季節ネタみたいなものなので、
こういうときに季節感を表現するのにすごくぴったりだなあと
いうのもありました。

描いたキャラクターたちのこと

今回、9月開催ということだったので9月の暦っ子を集めてみました!

カタログははいわゆる両A面なのでどっちが表紙でもいいように、
ティアマガかんさいのほうは重陽の節供と中秋の名月の女子組で華やかに、
サークルガイド側はシルバーウィークと年末年始で賑やかに、
という感じで構成しました。


キャラと担当は決まったけど構図にしばらく悩んで…
重陽さんのこの表情が思い浮かんだときに「これだ!」と思って
あとは流れるように構図が決まりました。
ラフの段階で運営さんにご確認いただいて、微調整を挟んで仕上げ、完成。


キャラ一覧はこんなかんじです!

9月の暦っ子と言っておきながら年末年始を入れたのは
実はちょっと葛藤もありまして…9月でもなんでもない年末年始を
ここに入れるのはどうなのか???と…

でも私が表紙を描かせていただくというときに、最も書き続けている
年末年始の二人を入れないのは自分の中で不自然だな、私の作品を
楽しんでくださっている方には年末年始が見たいと思ってくださる方も
きっといらっしゃるよね、と思って控えめに背景に添えました。
(控えめといいつつドセンにいるわけですが…)

Twitterでお知らせしたときに、年末年始がいて嬉しいというお声をいただいて
とても嬉しかったです!

カタログにはコメントも載せていただいておりまして、
そちらにも年末年始を描かせていただいたのでよかったら
見てやってくださいませ!


楽しかったところ


・ほろ酔いな重陽の節供

・お団子もちもち中秋の名月

・デジタルで描いた菊と水彩で描いた抽象的な菊の組み合わせ

・みんなにふるまうおはぎを作っているお彼岸と、張り切ってお手伝いしている秋分の日、のおはぎを勝手につまみ食いしている敬老の日。秋分の日は敬老の日にイラッとしている。でもお彼岸様に諭されるので不本意ながら許す

・年末年始はお茶とおはぎを持って菊を眺められるベンチかなんかに行くところ


描けなかったところ


・ほんとは菊を着せ綿(重陽の節供に、菊の上に真綿を被せるやつ)にしたかったんだけどうまく映える形に描けなかったので今後の課題

総括

こうして普段の活動をみていただけて、新しい場所で発表することができて
とても嬉しい体験でした。
カタログをご覧いただいたみなさん、ありがとうございました!

こちらのイラストを使用したクリアファイルを頒布しています。→完売しました!ありがとうございました〜!!
📦BOOTH


ではまた次の記事で!

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

月別アーカイブ

限定特典から探す

記事を検索