Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

投稿記事

2021年 05月の記事(1)

エローン大君

エローン大君 2021年05月08日 23:36

なぜ私はSteamで買うか、そこから考えるSteamで売るためのアイディアとウンコ。

当たり前のようにPCゲームを遊ぶ際はSteamを使っているが、「何故Steamを使うのか」ということを深く考えたことが無かった。
よくよく考えてみると、Steamの他にもPCゲームストアは沢山ある。
買いたい欲に直結する価格に関しても、セール規模がSteamと同等どころか、価格競争的には勝利している場合も多い。
しかし、私としては「買えるならSteamで買いたい」という気持ちがすごく強い。
Epic Games Store限定販売のサムライスピリッツも、「独占じゃなくなったらいいな」と未だに買っていないほどなのだ。
そして、同人ゲームクリエイターやユーザなどの周りを見渡してみても、現実として「PCゲーム市場と言えばSteam」という空気で満たされているのは非常に興味深い。


Steamユーザとして「自分は何故Steamで買うか」を考えた時、大きい点として3つが挙げられる。

  • ゲームライブラリの一覧が見やすい → ゲームのコレクションを増やすのが楽しい
  • レビューの他、スクリーンショットや掲示板での交流が盛ん → ゲームについての情報が集めやすい
  • Steam Workshopを使ったMOD文化・コンテンツ投稿の推進 → ゲーム自体の楽しみ方を増やせる

これらのSteamの施策を一言に集約すると「ユーザ間のコミュニケーションを推進している」ということだ。
他のPCサイトにもレビューなどの機能はもちろんあるが、バッジ集め・Steamトレーニングカードなどの独自の市場を作り出すほどに、クリエイターの協力を得て強烈にプラットフォーム側でバックアップしているのはSteamのみなのである。


さて、Steamで同人ゲームを販売する流れが強いが、成功話よりも失敗話の方がよく聞こえてくるように思える。
ただでさえ商業ゲームと同等に戦う場である上、市場が完全にレッドオーシャン。
せっかくストア新作の欄に並んでも、「同日発売のゲームが多すぎて埋もれる」のはよくあることだ。
しかし、同じくらい問題なのは「ヘビーゲーマーでもまともに追いきれないほどに、ユーザ側が得るゲームに関する情報が飽和している」ことだ。
正直な話、今やっているゲームに関する情報だけでも沢山流れてくる。ユーザ間の交流を図っていれば尚更キツい。
ましてや「積む」と嘯いて、遊びもしないゲームを買うSteamユーザーが多いのだから、作り手側がもつSteam内ニュースで告知をしても、その告知が流されてしまうユーザだっているだろう。
こうなってくると、作り手側からの一次的な発信だけでは、作品の周知すらままならない。

そこで、ユーザ側からゲームの情報を発信する「口コミ」が圧倒的なまでに重要になってくるのではないかと私は考える。
作り手側が自分たちの出来る限りの広報を尽くすのは当たり前として、それであってもユーザ側に情報を探す余力が無いのが問題なのである。
しかし、好意的なユーザがゲームを布教してくれる(キュレーターのような)のが一番良いが、現実的に好意的な布教は凄くカロリーを使う作業だし、口コミとしては悪い話の方が広まりやすいだ。
ユーザとしては、労力をかけず気軽にコミュニケーションが取れるのは「スクリーンショット」なので、「Steam映え」「SNS映え」するゲームの見た目を意識するべきではないか。


個人的に考えたシンプルでやりやすいアイディアは、ウンコを出すことだ。
実際にウンコをゲーム内に出した際のイラストを見てみよう。


真っ当なゲームでウンコが出てくることは少なく、間違いなく目を惹く要素である。
目を惹くというか心理的にドン引く感じだが、乳首が出ただけでもワイキャイ騒ぐゲーマーたちにとっては刺激的なものには違いない。
「ウンコが雑魚敵や自機として出てくるゲームがあるぜ!」という口コミが広がり、ゲーム自体の認知度はきっと上がることだろう。

問題は下ネタを好む人がいるのと同じく、またはそれ以上に下ネタを好まない人も多いという事実だ。
そして、「ゲームを遊んだ時のありとあらゆる印象がウンコで上書きされる」という最悪の事態に陥ってしまいかねない。君のゲームページはレビューもスクリーンショットもウンコまみれ間違いなしだ。

グラフィック的に目立つことは、ゲームを売り出す時の広報的にも強くなるので非常にいいことである。
だが、あまりにもキャッチーすぎてもゲームの印象を上書きしてしまってよくないし、こういう悪ノリすると完全に逆効果になるので、どのようにゲームを売っていきたいかなどきちんと計画を立てた上で、目を惹く要素を入れていくのが肝心だ。



久々の更新です。
これ元の文章自体は半年以上前に出来てたんですが、いまいちしっくりこなかったので短く全部書き直して、ついでにウンコ要素を付けました。

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

月別アーカイブ

限定特典から探す

記事を検索