Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

投稿記事

2020年 01月の記事(2)

エローン大君

エローン大君 2020年01月13日 12:30

【DLチャンネルユーザ活動記録】DLチャンネルクラブ・ラジオ版(R紳士さん)

「DLチャンネルユーザ活動記録」について

DLチャンネルのユーザ主導でたまに何か企画とかやったりするので、
許可が取れたらそれを紹介しちゃおう!という感じの記事です。
記憶に新しいところだと「みんなで自分なりの福袋を作っちゃおう!」みたいな企画が年末あたりにあったり。
(決められた金額に合わせて作品をピックアップ。トリコのフルコースみたいだネ)

DLチャンネルクラブ・ラジオ版について

情報の収集・分析して提供する同人サークル「ラウンド+」のメンバーとして活動。
インタビューなども含め、物凄く濃い内容の評論同人誌「DLチャンネルクラブ」を発行しているR紳士さんによるラジオ放送です。

「DLチャンネルクラブ」は面白い情報がてんこ盛り、サークル側の方にとって気になる「フォロー数・お気に入り数」の関係性などの分析などもされています。
興味のある方は、下のリンクからサークルページに飛んで読んでみてくださいね。

DLチャンネルクラブ含め、ラウンド+の活動はこちらを参照



「DLチャンネルクラブ・ラジオ版」はその名の通り、同人誌であるDLチャンネルクラブのラジオ版。
毎週月曜日・午後8時半ごろから大体1時間ぐらいにわたっての生放送となっています。
DLチャンネルクラブとの違いは「毎週放送しているのでリアルタイムに情報が手に入る」というところ。
そして、取り上げる内容自体も異なるので、「初めてのサークル活動をしたい!」「ゲームを出したけど何故か売れない……」という方にとって面白い内容となっております。

DLチャンネルクラブ・ラジオ版の主な内容


その1:1週間中に出たゲームジャンル別の作品数&曜日別の作品数

ゲームジャンル別に「この1週間でどのジャンルの作品が出たか」。
そして、曜日別の出品数の動きを見ることが出来ます。
Ci-enに登録されているサークルさんの数・DLsite専売かどうか、なども情報として出てきますので、興味のある方はそこもチェック。

あくまで個人的ですが、注目点は「今、どのジャンルが多く販売されているのか」でしょう。
ジャンル的な開発期間の違いもあるとは思いますが、時流として「シミュレーションが増えてきているぞ……!」とかそういうのが分かるのは面白いと思います。
あと、曜日の販売数に関してはあまり極端に動くことは無いんですけども、少なくともクリスマスの時期や年末年始などは滅茶苦茶荒れるっぽいので、そのあたりも含めて楽しみながら頭の隅に置いておくといいかもしれません。


その2:新規サークルの作品紹介および、紹介ページの感想

あなたが作った作品が売れないのは、もしかしたら作品紹介がマズいのかも……?
実際、私自身「このゲームいいやんけ」と思いながらも、DL数は2桁3桁の作品はよく見てまいりました。
このコーナーを見た後に作品ページを見直せば、「ああ、何となく分かる……」となってしまうことがあったりするのが怖いところ。

こちらは「作品ページ」に特化して考察・感想を述べるコーナーです。
えっちな作品がほとんどなので、各々が作品ページを探し出して観るコーナーですが、

・スクショからどういうゲームか伝わりづらい
・ジャンルをほとんど入力していない(検索に引っかかりづらくなる)
・紹介文が簡素すぎる

などなど、色々とあるあるな作品を、新規サークルさんの紹介と共に行う内容となっています。
中には、体験版と製品版のサイズが同じどころか、逆になっている珍事も!?
DL同人をメインでやってきたのか、コミケなどのイベントをメインでやってきたかでも、紹介文のノリなどが異なるなど非常に興味深い内容になっていますよ。
(私が見てる時はチャットでしれっと補足情報を書いていたりもします)


その3:宣伝方法などの話

ド直球な話で、実際のところ何が正解なのか分からない部分ではありますが、
「宣伝のためにはどうすればいいか?」という質問に対するヒント。
作品紹介ページで重要視される順番など、分析を行うサークルならではの情報などが不定期的に語られます。

なんか分析絡みでポテチの内容の件について語っていたのですが内容ど忘れしちゃったっぽいので、
いつか思い出す日を私は待っている……。待っているのですよ……。


その4:株式会社エイシスさん(※DLsite.comとかの運営会社)のキャンペーン情報とか

分かりやすく言うと、DLsite.comだけでなく「にじよめ」とか「Ci-en」とか含めたキャンペーン情報
また、DLチャンネル発のサークル・ユーザさんということで、DLチャンネルの情報なども重点的に紹介しています。
こちらは主にDLsite.com等のユーザーさん特化の情報コーナーですね。
夏休みの宿題は最後にやる派の人には特に便利なコーナーなのでウォッチナウ!

DLチャンネルクラブ・ラジオ版のFAQ

Q.ずっと毎週やるの?
A.今のところ試験的に3か月のみやる予定みたいです。3月か4月頃には終わっちゃうかも?

Q.R紳士さんが質問に答えるコーナーがあったけど、どこから質問できるの?
A.Twitterで相互フォローになってDMとかでいいと思うんですが、多分一番楽なのはDLチャンネルの専用トークです。

Q.チャンネル登録して何か生放送通知来たなーと思ったら、なんかプラモ作ってるんだけど
A.毎月28日はニッパーの日としてプラモを作る配信があります。子どもの頃にプラモを作ったっきりだなぁって人にとってはかなり新鮮な世界が見られるかも。
 他にも、全年齢向け同人ゲームの生配信や、普通の商業ゲームなどもやったりしています。

Q.大体お前が一人でチャットしてんな
A.頼むからみんなも書きこんで

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
エローン大君

エローン大君 2020年01月10日 21:00

DLsiteの15%クーポンをより有効に使うには、DLチャンネルがオススメ!

DLsiteの「15%オフクーポン」について

DLsiteはたびたび15%オフクーポンを送り付け、我々の財布から作品購入代として金をむしり取ろうとしてきます。
「誠意を見せろ」と迫ってくるにじよめちゃんとは違い、無言の圧を感じるので余計に厄介なやつです。
とは言え、気になっていた作品や期待の新作などを、お安く入手できるのは有難いこと。
面白いゲームに、穏やかな気持ちになれる音声作品。あと、おエロいものだったり。
それらの作品が、DLsite playのライブラリに並ぶのはやはり嬉しいことです。

ポイポイとカートに作品を入れ、クーポンを選択してポチる瞬間にふと去来する思い。
「あれ?これって実質5%引きじゃね?」
お気づきになられましたか。


そう、普通に購入する時は、基本的に還元ポイントが10%貰えます。
しかし、「クーポンを使うと還元ポイントが無くなる」ため、よほど大人買いをしない限りはそこまでクーポンの恩恵は受けないのです。
そのことに気付いてしまうと、やはり「もっと得して作品を買いたい」と思ってしまうのも自然のこと。
そのために私がオススメするのが、「DLチャンネル」です。

DLチャンネルの紹介と利点

「DLチャンネル」は、公式トップにもある通り「二次元なら何でもお任せ!みんなで作る二次元情報サイト!」という感じのサービス。
イメージ的には「二次元に特化したNAVERまとめ」ですが、
実際のところはガッツリ文章が書かれた作品レビュー、イベントに行った体験談。
「人類で最初にフグを食べた人ってこういう人なんだろうな」と読む人全てに思わせるタイプの奇行の体験レポートなどがあったりします。


アフィリエイトなども出来るのでそちらで活躍している方も多いですが、
注目すべきは「もっと見られるまとめ作品推進委員会」「DLチャンネルクリエイターズ」です。

こちらの企画はどちらとも、「まとめを作ることでポイントが貰える」というもの。
ポイントは作品購入代に充てることが出来ますし、全額ポイント払いともなれば元々還元ポイントの対象外なので、15%オフクーポンを最大限に活用できちゃうのです。


ポイントが貰えるまとめを作るのは簡単です。
まずは、「もっと見られるまとめ作品推進委員会」
作品に対して300文字の感想とかを書いて、DLチャンネルに投下するだけです(詳しくは上のリンク参照)
具体的な基準は不明ですが、露骨な文字稼ぎなどのズルっこさえしなければ、それをするだけで100円分のポイントが貰えちゃいます(読む人が増えればもっと増える)。

更にポイントをゲットしたいなら、「DLチャンネルクリエイターズ」に登録!
文字数などの条件を満たしているかの審査はありますが、
通常のクリエイターズ記事で1000円分のポイント、月ごとのテーマに沿った記事(ねくすとっ)を書けば2000円分のポイントが貰えちゃうのです。
(※審査に通れば「もっと見られるまとめ作品推進委員会」の100円分のポイントも付いてきます)

もし一つの作品に対して1000文字以上のレビューが書けるならば、特別企画の「オススメ作品レビュー」がオススメ。
通常のクリエイターズ記事で作品を紹介するとなると3000文字必要ですが、貰えるポイントが500円分になる代わりに短めのレビューをかけばOKになります。必要なのは愛だよ愛!

個人的には、「同じジャンル(催眠とか)の300文字感想が書ける作品が10個あるなら、クリエイターズ記事」がオススメです。
1記事につき1つのまとめを作るのも有りなことは有りですが、
純粋に見やすくなるだけでなく、アフィリエイトに手を出してみようかなって場合は、
1つの記事で一気に作品を見てもらえるので買ってもらいやすくなります。


ポイント絡みで一応注意すべきなのは、ポイントを貰える日が「もっと見られるまとめ作品推進委員会」と「クリエイターズ記事」で違う点。
前者は毎月10日頃、後者は毎月20日頃にポイントが入ってくるので、買いたい作品の計画はよく練っておきましょう。

ポイントはDLsiteでの購入に使える他、DLsiteのアイテムの交換(歯ブラシとかカレンダーとか)。
それと、にじよめで使える「にじコイン」への交換に使えます。間接的ながら誠意を見せることを求められている。

「もっと見られるまとめ作品推進委員会」はあくまでスタートダッシュキャンペーンなので、「確定で100円分のポイント」というのはいつかは無くなると思います。
ですが、現状1年くらいは続いていて「スタートダッシュとは……?」とユーザが思っている状況なので、多分当面は大丈夫だと思います。
一応、キャンペーンが終わるのがいつか分からない以上アレなので、早いうちにDLチャンネルに遊びに来てくださいね。


※【PR】とか付けたいですが特にそういうのありません。
※宣伝費として100万円くらいください(当たり屋)

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

月別アーカイブ

限定特典から探す

記事を検索