Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

投稿記事

2019年 11月の記事(2)

エローン大君

エローン大君 2019年11月08日 21:30

【色々と閲覧注意】エローン大君の病気と生存スケジュール

閲覧注意

この記事は、持病持ちである私と連絡を取る際に参考にするといい感じだよってのを伝えるための記事です。
ただし、非常に生々しい記録となっておりますので、「閲覧注意」とさせていただきます。
逆に言えば、コレ見ておけば扱い方というか「連絡したのに返ってこないなー」って時の理由とか分かるので、そこらへん気になってる方はご参考にしていただければ幸いです。































私の持病について

私は「双極性障害」という病気を患っております。
いわゆる精神疾患ってやつでして、昔の言い方で表せば「そううつ病」、なうな感じだと「双極なんたら症」というらしいですな。
どういう症状が出るかと言うと、いわゆる「うつ病」というダウナーな状態と「そう病」(普通はそう状態)というアッパーな状態でうろうろする、という感じになります。
となると、純粋にうつ病向けの薬飲むとアッパーになりすぎてしまって駄目、逆に落ち込ませる薬を飲むとダウナーになって駄目、というすごく面倒くさい状況。
なので、双極性障害に効く薬(大体てんかん薬と同じ)を飲みつつも、もしダウナーになりすぎたら総状態になる薬をちょっと増やしたり、調整していくことになります。
(ちなみに、うつ病とそう病の状態が同時に出る「混合状態」というのもあります。うつの「死にたい」という気持ちと、そうの活動的な気持ちが合わさって一番死にやすい状態です)


もちろん、うつ病も同じですが一回なっちゃったら治るもんでもないので、「寛解」という状態を目指すことになります。
簡単に説明すると、「病状を限りなく軽減する状況にする」ことで、双極性障害ではアッパーな状態・ダウナーな状態の波を可能な限り小さくするのが目標となります。
生活リズムを整えるのはもちろんのこと、色々と気を遣えば何とかなる……と思わせて、気圧や季節の変わり目でも病状が変わるので、そう簡単にはいかないのが困るところ。
(私の場合、豪雨の時なんかは2日間ぐらい寝込んでました)

双極性障害ならではの問題は、「感情に波があるため、急に性格が変わったかのように思われる(というか変わってる)」こと。
全く体が動かずずっと寝ていたり「死にたい……」と言っていたと思えば、数日後には獣のように物を叩きながら怒りをむき出しにするのですから、それはもう大変です。
なので、私の場合、病状が荒れまくってる時は最低限の連絡・行動しかとりません。
なんか露骨に活動が収まった、活動を終えると明言した時は「何かがあった」と解釈してくだされば幸いです。


私に連絡を取るために 私の生存スケジュール

こういう病気だと病状が収まらない限りまず定職に付けません。
仮に付けたとしても、だいたいストレスに弱くなっているので、長続きしません(なのでみんなは病気にならないようにしようネ!)。
私の現在の病状は主治医曰く「働けない」とのこと(自覚あり)だったので、現在は自宅で療養している最中だったりします。
もし私に即座に連絡を取りたいときなどのご参考のために、私の生活スケジュールならぬ生存スケジュールを載せておきますので、ご確認ください。
重要な部分に関しては太字にて記入しております。


【現在の状況:フラット寄りのうつ】
7~8時:起床・朝食・日光浴
8時~12時:雑事(何をするか考えたり文章を書いたり)
12時頃(~15時頃):意識を失う
(意識を取り戻したタイミングで):昼食
昼食~20時:雑事(母親を病院に送ったりなど)
20時:夕食
20時頃(たまに):意識を失う
(意識を取り戻したタイミングで):文章を書く・スクショを撮る
25時~26時:就寝


【うつ状態の時のスケジュール】
7~8時:起床・朝食
8~14時:体がまともに動かないし精神的に動ける状態じゃないので横になる
14時:昼食
14時~20時:体がまともに動かないし精神的に動ける状態じゃないので横になる
20時:夕食
20時~:体がまともに動かないし精神的に動ける状態じゃないので横になる(眠れるかどうかはその時次第)


【そう状態の時のスケジュール】
体力が回復したら~8時:起床・朝食・日光浴
8時~12時:頭の中にやりたいこと・アイディア等があふれ出すが、順番が決められず結局何もしない(たまに何が何だか分からず何かにキレる)
12時~14時:やりたいことが出来なくなったので放心状態、アイディアだけ溢れる賢者タイム
14時:いい加減腹減ったので昼食
昼食~20時:雑事(母親を病院に送ったりなど。症状が酷いことは大体自覚できるので、あまりにひどい時は何もしない)
20時:夕食
20時~体力が続くまで:文章を書く・スクショを撮る・やりたいことをとにかくやる
体力が切れたら:倒れるように寝る

連絡しやすいタイミングとTwitter等について

という感じなので、うつ状態でさえなければ、20時以降なら何かしら活動をしているので連絡しても恐らくはOKです。
内容にもよりますが、出来るだけ早く連絡できるようにいたしますので、よろしくお願いいたします。
ただし、「あっ、外に出たら知らない人を殴るタイプの状態だな」とか病状の認識は出来る状態でして、「今返信するのはやべえな」と思った時だけは連絡とれないのでそこ辺りはご勘弁くださいませ。

また、Twitter等に関してもうつ状態の場合はできませんので、例え1ヵ月レベルで動きがなかったとしても気にしないでください。生きてます、多分。
そう状態も相当にアレですが、うつ状態だと陰鬱とした文面で埋まると思われますので、間違いなくツイートや文章を書いたりすることを控えます。
流石に数ヶ月単位だと死んでる可能性出てきますが、なんか症状的に大丈夫だなと思ったらひょこっと出てきますので、数ヶ月ぶりに見かけたら「あっ、生きてたんだー」的なノリで流してください。

逆にそう状態だと口が止まらない状態になり、何を口走るか分からないため、これはこれでツイート等を控えます。
ちょくちょく何らかの生存報告的にツイートをしたりはするので、生存確認はしやすいと言えましょう。
ただ、返信をする際に何を口走るか分からないのは変わらないので、落ち着くまでは返信いたしません。というか出来ません。
明らかにツイートのノリが違うなーとか感じたらご察しください。


とりあえず病気名を伝えることは出来るけど、具体的な内容を伝えるのは毎回骨が折れる(リアルでも)ので、一応この記事を書くことにいたしました。
勘違いしてほしくないのは、私の症状がこれなだけで、他の同じ病気の方のほとんどは頑張ってごく普通に生活している方も多いということです。
精神疾患をどうにかする上での第一歩は、生活リズムを整えることでありますが、上のスケジュールを見ていただいても分かる通り、私は第一歩すら全くもって出来ておりません。

なので、もしそういう病気の人がいた・そういう病気だと知ったとしても、偏見を持たず、普通に接してください。
偏見を持たれて嫌われるのもそうですが、無駄に気をつかわれたりするのも個人的にはストレス源になる(というかなった)ので、そういう感じで。
逆にあまり自分を追い込みすぎると、私と似たような病気になって人生がもろとも崩れることもありますので、皆さまはお気を付けくださいませ。
「一人で抱え込まず助けを求めればいい」ってよく言われるんですけど、助けを求めても助けてくれないのが世の中なんですよねぇ……。
(なので自分は頼まれたら色々と表や裏でやったりするわけですが)

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
エローン大君

エローン大君 2019年11月05日 21:00

ライトユーザーによるライトユーザーのための「DLチャンネル」のすゝめ

ライトユーザーから見たDLチャンネルの話

「DLチャンネル」と言う二次元に特化した情報サイトのがありまして、ライトユーザーから見たDLチャンネルについて書いていこうかと思います。
ライトユーザーって言っても普通に2年前からいるんですけども、忙しかったりして最近はまともに活動出来てないのだ。うにゃうにゃ。

ちなみに私が書いたまとめはこちら。大体Hなやつなので気を付けるのだ。

DLチャンネルについての紹介とか

DLチャンネルは、「トーク」(掲示板)・「まとめ」(記事・情報)・「アンテナ」(未だに使い道が分からない)の3つの機能があって、自分の使い方は「まとめ」と雑談トーク。
トークに関しては、有志のユーザが「これは!」と思ったまとめを紹介する「DLチャンネル日誌」や、同人ゲームの紹介・攻略記事を広めるためのトークとかある。
でも正直な話、まとめが多くて追えなかったり、遊ぶゲームが被らなかったりであんまり利用できていないのだ。


DLチャンネルの面白いところはやっぱり「まとめ」
いわゆる「二次元に特化したNAVERまとめ」という感じで、元々が「DLsite」の姉妹サイトということだけあって同人作品の情報がごまんとある。
「アクションゲーム」みたいな一つのジャンルに特化したものもあれば、一つの作品についてめっちゃ語りまくるものもあったりして、読んでいるだけでも凄く楽しいのだ。
他にも、ゲームの展覧会とかDLsiteの交流会に行った話とか、プログラミングやゲーム製作ツールの話など、レポートやテクノロジーな話も出てきたり(こういうのをユーザが書くんだから凄いよね)
あと、たまにぶっ飛んだまとめがあって、爆笑してしまったりもするのがたまらない。

それと、(あまり話には出したくない派なんだけど)まとめを作ることでポイント報酬が貰えたりするのも特徴的だね。
まとめを書いて沢山の人に読んでもらえれば「訪問者報酬」があるし、「DLチャンネルクリエイターズ」というのに申し込んでまとめが審査に通れば、1000円分のポイントが貰えたりもする。
更に「ねくすとっ」っていう2000円分のポイントが貰える企画(その代わり審査が厳しい)も用意されているので、まとめを書けば書くほどポイントを貰うことが出来るのだ。
このポイントは、DLsite内で同人作品やコミックなどを買う時に使ったり、にじよめちゃんに誠意を見せたり、好きなクリエイターさんに支援したり使い道はたくさん。
有効に活用すれば、アフィリエイト報酬(これは現金としてもらえる)がたくさん手に入って、地方の人的には憧れのコミケなんかにもいけちゃうかも!?


あと、トークもかなり面白かったりする(ここからのリンクは例によってHなので気を付けること)。
書き込みの頻度自体はあんまり多くなかったりするけど、雑談用のトークもあるし、自分の書いたまとめやサイトの記事を紹介することだって出来ちゃう。
DLチャンネル初心者向けのトークも有志の方が用意してくれてたりするので、新人さんでも安心だ。
ちなみに最後の書き込みから日付が経っていても、「ウォッチリスト」に入れて見ている人がいるので普通の質問への答えは返ってくると思うよ。


個人的に見た「今のDLチャンネル」とアドバイス

DLチャンネルもなかなかに成長してきて、まとめに対して他のユーザがコメントすることも増えてきた
こういうユーザ同士の交流が徐々に育まれつつある、というのが個人的に嬉しいね。
実は「極端に内輪向けのコミュニティになってしまうのでは……」と心配してたけど、本当に杞憂だった。
今はユーザー名がある人がめちゃくちゃ多いけど、名無しの人(名の無き紳士)も普通にまとめを書いていたりするので安心してほしい。
あと、結構ROM専の人とかもいるっぽいので、遠慮なく色々やっちゃっていいのよ?

ただ、自分が入ってきた時から変わらないのは「一般向けのまとめが少ない」ということ。
どうして少ないかというと、DLsiteでの全年齢同人ゲームって売れない場合がほとんどだし、こう何といいますかみんな股間に正直なので……。
言い出しっぺの法則ということで、なんかジャンプの感想とかソシャゲの「なう(死後)」な話でも書こうかなーとか思ってたりするんだけど、ライトユーザーになった身としては継続的なやつは……手が出せない……。

ちょくちょく「一般向けのまとめを増やすべき」って僕は言うんだけど、なんでかって言うとDLチャンネルってデフォルトは一般向けサイトなのよね。
最近、僕が書いたHなまとめを友達に紹介した時、画面右上にあるHなスイッチのことに気付かれなくて「画像とかまともに見られない」って言われちゃったんだ(これは前も同じ経験があったり)。
このことを踏まえると、ふらりとDLチャンネルを見に来た人がまとめを見た時、「DLチャンネルの情報って少なくない?」って思われちゃう可能性がある
そのためには一般向けのまとめを増やすべきなんだけど、ポイントうんぬんの絡みもあってやっぱりHな方にいっちゃうよねー……。
実際には、前に書いた「DLチャンネルクリエイターズ」を通して書けばポイントはしっかり貰えるんだけど。


新しくDLチャンネルを使ってみようと思っている人へのアドバイスとしては、「DLチャンネルクリエイターズは有効活用すべき」ということ。
審査はあるとは言っても、内容面まで問われる「ねくすとっ」はともかく、文字数制限さえあれば基本OK(批判とかはNGなのでそこあたりは注意ね)。
結構ゆるゆるな感じなのに、きちんと審査されましたよ!的なマークが付いたり、まとめのトップページにある「クリエイターズ記事を読もう!」から読みに来てくれる人が増えるかもしれないのは強みなんだ。
「読んでくれる人が少ない……」と悩んでいるなら、とりあえず一回挑戦してみてね。

そして、色々な凄いまとめを読んでみたい人は「クリエイターズねくすと」ってタグをクリックしてみるのがオススメ。
審査が厳しいってことは、逆にそれだけクオリティが高い内容が多いのと同じなので、読み応えのあるまとめに出会えるはずだよ。

そして、ポイント目当ての人向けのアドバイスとしては、「300文字のまとめを10個書くよりは、それらを一つにまとめてクリエイターズ記事として通した方がよっぽどいい」ことが挙げられるね。
確かに300文字書くだけで済むのは楽だけど、紹介できる作品が10個あるなら一つのまとめに集めた方が、読者にたくさんの作品を一気に見せることが出来るんだ。
クリエイターズ記事で作品紹介をする時は「3000文字」あればOKだから1000ポイントも貰えるし、好きな作品の紹介を一気に見てもらえることでアフィリエイト報酬だって期待できる。
まさに一石二鳥だから是非とも挑戦してみてほしいな。

あと、サークルさんや既存のアフィリエイトサイトさんも普通に利用できるので、宣伝とかアフィリエイトの道づくりとかに役立つかも。

これからのDLチャンネルについて

今はポイントを配りまくりで、DLチャンネル側の持ち出しがかなり大きい状態だと思う。
ただ、僕みたいなライトユーザーも含めたみんなで頑張って「バズる」まとめを書くことで、一気に変わるはず。
それと、新しいまとめを書かずに「ウケた記事をちょくちょく更新していく」ことで、「DLチャンネル側にポイントを出させずにアフィ報酬で稼ぐ」ことだって出来る。
(というか、今僕がやってるのはまさにそれだったりする)

やっぱりDLチャンネルには長く続いてほしいし、DLチャンネルで知り合った人達と疎遠になるのも寂しいから、何とか頑張らなきゃって思う。
時間とか色々な縛りがなければ企画とか出来るんだけどね……。
うう、時間と体力がもっと欲しいよう。

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

月別アーカイブ

限定特典から探す

記事を検索