Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

投稿記事

2019年 06月の記事(12)

エローン大君

エローン大君 2019年06月30日 22:58

「ボンバーガール」 (アーケード) 感想

ジャンル的に何になるのか若干迷う「ボンバーガール」の感想ですー。
ゲームセンターに行ったら必ずやるゲームであり、何か盛大に女の子達が脱いでますが、例え背後を親子連れが通ろうとも、集中を一切切らさず遊ぶゲームであります。
流石に稼働初期の頃は照れがありましたが、1台も無いので沖縄からわざわざ来ている猛者がいることを知り発奮した次第であります。
(急にあの人見なくなったと思ったら沖縄の人だったのねってなりました)

ゲームの基本となるのは、やはりハドソン→コナミな流れの「ボンバーマン」でありまして、炎アイテムや足・ボムアイテムで強化していき、敵に爆風を当てていくのは変わりません。
本作の面白いところは、「ボンバーマンにMOBA要素を足した」ところでありまして、またMOBAにおけるヒーローと同じように各キャラにスキルやロールを用意したところ
勝利条件も、「施設の破壊もしくはタイムアップ時の戦力ゲージ差」ですし、見た目の可愛らしさとは違って結構ガチなゲーム性なのです。

そして、現在におけるアーケードゲームのMOBAと言えば「Wonderland Wars」ですが、あちらは一般的な方向性のMOBA。
ボンバーガールの興味深いところは、(徐々にマップ複雑化はしてるとは言え)あくまで進むべき道は一つのみ(1ライン)で、純粋にボンバーマンとしての面白さも保っているところでしょう。

「ボンバーマンに火力やボム数などの強化要素がある」ってところからMOBAに繋げる発想自体が凄いと思いますし、更に本作にはキャラごとのスキル(無敵回避や施設などのダメージ回復など)を使うための、本格的なMOBA的レベル上げもあり。
伊達にロケテストから数年かけてリリースされたわけじゃないと思いました。
ぶっちゃけ開発中止になったかと思った。


ガチャ絡みでスキルのリチャージが早くなる以上、課金した方が優位には立てるものの意外と何とかなったりするのがこのゲーム(※第3スキル引かないとどうしようもないキャラは除く)。
マップごとの「経験値が集中する場所」や、ブロッカー(ソフトブロックを置いて邪魔をするロール。回復役も務めるモモぴゅんが担当することが多い)の最少手数など、ランクが上がるごとに覚えていくことは増えますが、「お互いセオリーを分かっているが故の読み合い」は緊張感がありながらも凄く楽しいものだと思います。

ちなみにボンバーガールには、1戦につき各々のチーム1回ずつ、戦力ゲージ差が開くと一定時間パワーアップできる「ラッシュタイム」が起こせます。
このラッシュタイムですが、「相手にほとんどメリットが無い状態でラッシュタイムを起こさせる」「そもそもラッシュタイムを起こさせないように動く」などの駆け引きがあり、ゲージ調整の関係上「あえて攻撃しないことが最善」というケースもあったりするので、ここ辺りの調整やチーム内でのやり取りも凄く面白いなと感じています。

もちろん、低ランク帯でたまにおきる何人かセオリーが分かってなくてカオスになる戦況もそれはそれで楽しいので、興味のある方は是非遊んでみてください。
ちなみに、個人的には第3スキル要らないキャラ第一位は「ウルシ」だと思います。
(本人がガチャで引き当てないと使えないのは置いとくとして)「速力が全開になる代わりに一撃で死ぬ」のはピーキーすぎる……。

女の子が脱衣することから若干敬遠されてる方もいらっしゃるとは思うのですが、正直今までのボンバーマンの見た目でウケたかと言えば微妙だと思います。
若干恥ずかしい気持ちになると思いますが、是非ともプレイしていただければ幸いです。
大丈夫、プレイ中は女の子(ボンバーガール)が脱いでる姿見ている暇が無いことに気付くから。

ちなみに、実は今日も(時間の関係上)1回だけプレイしてきたのですが、回復が強いブロッカーことモモぴゅんを使って、色々あって余裕ぶっこいてたらベース(壊されたら敗北)を攻撃されまくったため、緊急で回復スキルを打って味方がベースを壊してくれるまでの時間を稼ぎギリギリのところで勝利しました。
ちょっとでも油断するとアウトですし、下に書かれたマップを見ながら迎撃の指示を出したり出されたり、凄く協力している感じが楽しかったですね。

あと、先日攻撃ロールのアタッカーを使っていた時、自陣に攻撃ロールの敵が入り込んだ状態でラッシュタイムが起きた(=ベースを一気にやられる)時は肝を冷やしました。
マップを見て防衛に回り、ベース侵入を防げたのでなんとかなりましたが、こういうロールが決まっていてもアドリブで動く必要があるのはやっぱり楽しい。

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
エローン大君

エローン大君 2019年06月30日 21:56

【現神人っていたんだね】公約達成につき「ゲーム絡みのチャレンジ」募集開始 & 公約追加

応援ポイント200超えたんだけど!やべえって!

という心境です、こんばんはエローン大君です。

111さんのメルマガ&Ci-enで、取り上げてくださったみたいでありがとうございます。
メルマガだとツイートをいちいち開かないといけないですし、Ci-enへの本格移行は結構ありなんじゃないかと思ってたりも。
実はCi-enでのTwitterのツイートの埋め込み方法が分からないので、実は後で教えていただきたい(他人任せ)。


えーと、本題に入ります。
まだ「公約2」を初めていない段階ではありますが、「公約3」まで達成してしまいました


というわけで、公約3である「光回線の来てない田舎でも〇〇は出来るのか、ゲーム絡みのチャレンジ」を募集いたします。
冷静に考えると「Uターン・Jターン・Iターンを考えている人向け」なのにゲームのみってのもアレなので、動画とか娯楽絡みでもOKですー。
私の現状と致しましては、今日何故か固定IP付きで契約してたインターリンクというプロバイダを解約し、改めて固定IP無しで再契約。
そして、IIJmioのADSL用サービスに加入して回線状況などを調べてみる予定であります。
田舎具合に関しては、バスの感覚は大体2時間ぐらい・光回線が来る見込み無し・新入生が0人~1人がたびたびあったせいか小学校が潰れたという感じであります。

やってほしいチャレンジについてですが、この記事へのコメント欄または私のCi-enへのメッセージに書いていただければ幸いです。
複数個集まった場合は抽選で1つだけチャレンジする予定ですが、チャレンジ内容がちょっとしたものだった場合はいくつか試してみるかもですー。

幸い、公約3は急ぐようなものでもないですし、フォロー等してくださっている方が「チャレンジしてほしいことねえな」という状況であるという、あわよくば感があるので、公約2と並行して行う感じで如何だろうか。


ついでなので、絶対達成しない範囲で公約を追加いたします。下手に300ポイントとかやったら、大ダメージを受けかねない。
次の公約は応援ポイント500で達成、「製作途中のアクションゲームのテストプレイおよび、プレイした上での感想等(抽選:1名のみ)」
具体的な内容としては、割とガバいテストプレイでのバグ探しと、ゲームのコンセプトをお伺いした上での感想(非公開)です。
感想寄稿の記事等で「惜しいところ」として何らかの部分を上げたりしますが、それよりもちょっと詳細な感じで、良いところも悪いところも感想をお伝えする形となります。

ちなみに、この公約に関しては全年齢・R-18ゲーム共に受け付けます。
また、将来的な売り方(Steamに出したい)などのお話もあれば、その点も考慮して感想をお書きいたしますので、公約達成時にはバグ探しから何からご遠慮なくお申し出くださいませ。

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
エローン大君

エローン大君 2019年06月29日 21:01

「パイプドリーム」(ゲームボーイ) 感想

名作パズルゲーム「パイプドリーム」のお話でも。
パソコンも含めて色々な機種に移植された本作ですが、自分がやったことがあるのはゲームボーイ版でした。
ルールとしては非常に単純明快で、水(ゲームによってはオイル)が溢れ出る前に配水管を繋げ、ノルマの分だけ繋げ切ったらクリアというもの。
中にはゴールが指定されているステージもあり、その場合は「ノルマ+ゴール」両方のクリアを目指さないといけません。冷静に考えると、ゴール無いとどの道水が駄々洩れよね。
あと、マリオよりも圧倒的に配管工している。マリオは反省すべき。

とは言っても、出てくるパイプには様々な種類があり、上手くかみ合わない場合は一旦全く別のところに置いたり、一旦パイプを置いてそれを上書きするように置き直したりしなければなりません。
ただし、ゲーム画面横には7手(確か)くらい先のパイプが表示されているため、上手く考えて狙えば無駄に置き直したりする必要も無し。
落ちモノパズルよりもハイスピードではないにせよ、ある程度リアルタイムで思考能力が試される、癖になるパズルゲームですね。

最初こそ準備時間があるものの、それが終わればジワジワと迫ってくる水。
その恐怖に怯えながらも、ハイスコアを目指すために如何にして長くパイプを繋げていくか
立体交差型のパイプを上手く利用すればするほど、パイプを繋げた長さがプラスされていくので思わず狙いたくなりますが、そういう時に限って欲しいパイプが出てこない。
そういうもどかしさも、このゲームの楽しさの一つだと思います。
テトリスのガイドラインでは「テトリミノの偏り補正」とかもありますが、アレとは違って極端に忙しい操作が必要なゲームでも無いですし、むしろテトリスも「縦棒こねえー!!」とか言ってた時の方が個人的に好きだったかも。

思い出話を書いておきますと、それこそ幼稚園児とかその頃の年代に、ゲームボーイと「スーパーマリオランド」「セーラームーン」、そしてこの作品を貰って遊んでました。
スーパーマリオランドが楽しめるのは当たり前のこと、セーラームーンもミニゲームやアクションシーンで楽しめましたが、パイプドリームだけはよく分からず貰った当時は遊べなかったのです。幼児な上に説明書を貰ってなかったからね。

それから10年以上たったある日、埋もれたゲームケースの中からパイプドリームを発見し、何となくプレイしたところ自分なりにプレイしてみたところ、ルールがハッキリと分かってその瞬間にどハマりしました。
最初のステージは簡単でノルマさえ達成すればOK。
でもゴールの存在が出てきた瞬間に「ゴールまで繋げるのは簡単、でも長さをどう確保するか」という別方面で楽しみが出てきて、深いなことゲーム……と感嘆した次第です。

パズルゲームとしての本質は変わらないので、どの移植作を買っても変わらないとは思いますが、価格的にはやはりゲームボーイ版が一番お安いですかねー……。
ちなみに、フリーゲームでPipeful Sundayなんてフォロワー?的なものがあったりも。
個人的に海外発のPS版「パイプドリーム3D」が気になるので、もしかしたらそのうち買うかも。

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
エローン大君

エローン大君 2019年06月29日 21:00

【赤字10万出したブログの話 3】ブログ「エローン大君」の終わりと、今のエローン大君と

公約1「赤字10万出した私のアフィブログの話をします」のラストです。

「会社の同僚があまりにも売春の話をするので、自分がブログをやってることをぶっちゃける」(おっぱいパブ連れていってもらいました。おごりで。)
「アダルトコーナーで情報収集していたら、8年前ぶりに同じ学校の先輩と出会い気まずい思いをする」

そんなどうでもいいことがありながらも、ちょびちょび稼ぎながら続けてきたブログ。その終焉は、非常に突然にあっさりと来ました。
2014年2月から2014年9月。その約7・8ヵ月の間に作品購入代が既に10万円を超えていたことに気付いてしまったのです。

DMMのアフィリエイトの場合、報酬が現金として振り込まれるのは、企画の目標金額である5,000円。
そして、9月の段階での報酬は2000円。10万円出したのに企画終了まで残り3000円て。
それに加えて、未だに続く熟女からの攻撃もあり、一時撤退することに。
1年後の2015年2月にちょっぴり復活したものの特に進展が無かったため、「気が向いたら復活しよう」ぐらいの気持ちで、閉店ガラガラにすることに決めたのでした。

そして、気が向いたら~なんて思っているうちに、FC2ブログが始めた言葉狩り。
周りのアダルトブログが次々と強制的に凍結されている中、何故か凍結されない
自分のブログを見て「エロと思われていないのでは」と複雑な思いを抱えながらも、何がNGワードなのか分からないまま感想を書かなければならなくなったので、もう完全に復活の芽はなくなりました。
言葉狩りしすぎて、ただの育児ブログで「おしっこ」というワードが引っかかったあたり、言葉狩りのガチさがうかがえます。
ちなみに、目標金額である5000円に達したのは去年。約5年かけての企画目標達成となりました。


ここからは、今の「エローン大君」の話。
「5656チャンネル」「バカハラちゃん」「エローン大君」、悪く言えば投げだして、よく言えば足かせを外して。
自由に動けるようになった私は、何か習慣的にエロ本とかを集めながらものんびりと暮らしておりました。

ブログを運営していた中で、自分の心に残ったサークルさんが2つ存在しました。
一つがこのたび専業への道を歩まれる、七草堂ひろきち さん。
もう一つが、相互リンクを結んでいただいた111さんの「九条の会」。

七草堂ひろきちさんは、元々フリーゲームで知っていたこともありますが、いつからかサイトに書かれていた「動物を救いたい」という文面を見た時に、当時ゲームを「消費」していた者として何か電撃のようなものが走りました。
Twitterでも実際に迷い犬などの情報を色々とRTされているひろきちさんですが、Entyで支援を求めたことを知った時にすぐ入り、Ci-enを始めたことを知った時はDLチャンネルで得たポイントですぐ入り。
自分も動物が好きなこともあり、その「夢」を同じく持つものとして、物凄く応援しています。


111さんは今でも感想寄稿など様々な場面でお世話になっていますが、ブログで取り上げた「脱衣STG まとめ版~5人の娘さんに囲まれて、わしゃ幸せだ~」の、「別に全てのステージを同じシステムで作ってもいいのに、わざわざシステムを変えて作る」ところや「超独特なセンス」に妙に拘りを感じて、「もし次に作品を何か作るとしたら何らかの形で応援出来たらな」と感じていました(バグ報告のメール送った際の返信メールは未だに嬉しく、鮮明に記憶に残っています)。
相互リンクを結んだ際、メルマガに登録をした記憶があるのですが、ある日感想寄稿の話が出て、「一応ブログやっていたし」というノリで応募した記憶があります。

その後は感想寄稿を書きながらも、111さんのメルマガを読みながら興味深いものがあったらさりげなく試してみたり、DLチャンネルの存在に気付いた時は色々とまとめを書いてみたり。
今はそれに加えて、色々と楽しませていただいた「けもフレふぁいと!」シリーズの対戦会を開いてみたり。
様々なことをゆったりとしながら、ブロガーではないエローン大君として活動を行っております。
DLチャンネルを初めてから、1ヵ月のアフィリエイト報酬が1万円を超えたことがあり、ブログでの「目標金額5000円、使った金額10万円」のことを思い出して若干表情が曇りましたが、自分であることに束縛されず、自分として生きることができる今の環境こそが凄く幸せだなぁと感じております。

一度またライブドアブログでやろうかななんて考えたこともありましたが、DLチャンネルが上手く回るののならばそちらの方が同士の方がたくさん集まるので様子を見てみようかな、なんて思ってたり。凄く応援してます。DLチャンネル。
まあ、昔からの自分の芸風もあったのでアレですが、何をやっても反響が無いってのも辛いもので、トークなんかで色々とみんなで遊ぶのも楽しいですからね。

とは言え、DLチャンネルなどにあんまり干渉しないのも、昔経験をした「がんじがらめ」を避けるため。
ゆっくりと気の向くままに活動してまいりますので、これからもよろしくお願いいたします。


あの、これちょっと一部の音声作品勢の方にコメントいただきたいんですけど、音声作品で耳を舐めたりマッサージするのがあるじゃないですか。
上に書いた「おっぱいパブ」の件で耳をはむってされて、未だにその感覚が忘れられないんですけど、耳絡みの音声での責めでその感覚を上回れちゃったりしますかね。
超音波を発する耳かき音声で耳垢を弾き飛ばすことはもうあきらめてるんですが、そういう感覚的なものって結構気になるんですよね。
実際に耳をはむってされた後、音声作品にドハマりしているって方がいらっしゃれば、是非コメントいただければー。

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
エローン大君

エローン大君 2019年06月28日 21:34

【赤字10万出したブログの話 2】アダルト界隈という新世界、そして熟女との戦いと敗北

【前の記事】
【赤字10万出したブログの話 1】「エローン大君」になるまでの話


というわけで、エローン大君になった私は、早速アダルトブログを立ち上げることにしました。
さて、どこにアダルトブログを立てようか、という段階で問題発生。
そもそも、アダルトOKなブログサービス自体がほとんど無かったわけですな。
いきなりの洗礼を受け、ライブドアブログかFC2ブログか……と悩んだ結果、何かエロっぽいイメージがあるFC2ブログに作ることに決めました。
実はこの「アダルトOKなブログサービスが無い」というのは、レンタルサーバでも同じで、例えば有名なさくらインターネットはNG。
アダルトOKとなると、基本的にちょっとお高めなレンタルサーバサービスを探さないといけない感じになったりもします。

微妙に最初からズッコケた感はあったものの、一応完成した「エローン大君 -エロ同人・エロ漫画レビュー-」。
一応悩んだのが、アフィリエイトをどこに主に置くか。
つまるところ、大手の2サイトである「DLsite」か「DMM」(現FANZA)の選択でした。
色々と熟考した結果、AVでの収入も見込めるDMMにすることに決定。
様々な方に相互リンクをしていただいたり、アンテナサイトに登録したり、それなりに態勢を整えて挑戦することとなりました。

そうして、まさかの初手がヨガチカのゲームの感想(※色々と悪名高いところ、ゲームのアイディア自体は良かったりします)でしたが、エローン大君の活動は始まります。
目指せ5000円。確か利率が10%とかそのくらいだから5万円売ればゴールだ。


今の私の活動を見ると意外かもしれませんが、「エローン大君 -エロ同人・エロ漫画レビュー-」は

・CG集・漫画の紹介メイン
・何故かフェティシズムを推したら減点される
・あまりにもあんまりな作品(※ヨガチカ)に関しては、「買うな」とまで言う

と言った感じ。
すげえ尖りまくってる上に、「売る気あんのかお前」という状況でした。

言い訳をするならば、「ゲームやってる時間が当時は確保できなかった」ってところぐらい。
選んだ作品は毎日DMMに出てくる新作CG集で、その中から自分好みのやつを購入。
たまにランキングのものを取り上げたりすることもありましたが、当時はランキングがあんまり動かない上に、ヒメカノが不動の位置を確保していたので、若干諦め気味な感じ。
ずっと出来るだけ作品代を抑えるために、総集編とか複数作のパックとかも購入したりしてました。

うーむ、今にして思うと、ブログやってる本人がPixivで画像探して楽しんでる(=無料でも楽しめるアダルトなコンテンツがある)のに、ジャンルを全く絞らずCG集を紹介する、ってそりゃ読む人も定着しないわなーと思います。
とは言え、ほぼ毎日のように更新しているとそれなりに訪問者がいらっしゃいまして、メインの活動期間である「2014年2月~2014年9月」(大体半年)の間は何だかんだでちょくちょくお金が入っていました。

しかし、ここで問題が発生します。
肝心の紹介した作品が全くもって売れないのです。
恐らくよく来てくださっていた方に熟女好きの方がいらっしゃったらしく、熟女もののAVが妙に売れるのです。
AVはDMMの場合、レンタル・購入と販売方式があり、レンタルで楽しんでもらうことは嬉しいのですが、報酬としてはあんまり貰えない感じに。

ちなみに、ここ1年もちょくちょく報酬が入ってまして、確認してみたところ二次元ものがメインで売れていたのですが、やはりちょくちょくAVも売れておりまして、

・遺伝子の悲劇 1and2 完全ノーカット版(ヒロピン系AV) ←わかる
・素人お嬢さんが水着に着替えて参加! ヌルヌル泡泡ソープ体験 ←わからなくもない
・女体化して恋人に無限にイカされた僕。 神谷充希 ←わからない

という感じで、結構カオスな様相を示していたりも。

冷静に考えると、二次元作品を取り扱うんですから二次元メインのDLsiteが正解だったのですが、下手に欲をかいてDMMを選んだが故の悲劇でした。

(続く 多分次で終わりかも)



余談:当時のPixivの使い方を振り返ろうと、その頃調べていたタグを掘り返していたところ、何故かネコバがいました。怖い。

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
« 1 2 3

月別アーカイブ

限定特典から探す

記事を検索