Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

エローン大君

エローン大君 2019年08月30日 21:00

「メルマガで111ちゃん!」 第368号の感想

111さんのメルマガ 第368号 「同人もやはり巨大なムラ社会 ギフト振興券でおらが村の村興しだ」の感想ですー。
基本的にメルマガ(もしくはCi-en)読んでないと分からない感じの記事なので、111さんのメルマガ読んでから改めてこの記事を見るのオススメです。
ついでにCi-enの方のフォローもしておくのだ。DO IT!(それをやれ!)


リョナゲーム製作所と女主人公のRPGにおける敗北エロ(今更)の話

だいずさんが話題に出したリョナゲ製作所板(元々はリョナ2板のスレ・諸事情で独立)は、「ボーパルラビット」とか「Blank Blood」とかが精力的に開発されていたころに見ていました。2013年までは追ってたかも。
その時期は「主人公は女の子、ゲームは難しいけどリトライは素早い」って方向性が多かったですね。
多分ハナカンムリとかそこ辺りの影響が強かった時期だと思うんですけど、その後は追いかけていないのでどういう感じのが出てきたのかよく分からないという。
地下格闘技っぽい格闘ゲーム風ゲーム(女の子同士)は、本当にたまたま目撃した記憶はあります(ニコニコ動画で製作動画が上がっているのを見て知った)

男主人公がリョナるとか、女の子同士でリョナりあうってのは、自分がいた頃は見たことが無かったような気が。
その関係で、「プリンちゃんのボクシングジム」シリーズ(男主人公)とか、「被虐闘姫シスカ」「ボクシングガールズ・メビウス」(女の子が女の子をリョナる)とか、結構インパクト受けましたね……。


敗北エロに関しては、「プレイヤーがどういうものを求めているか次第」の一言で終わっちゃう気がするんですが、個人的には「そもそも自爆アイテムってなんだよ、ボンバーマンでもみそボンになっちゃうから自爆しねえぞ」とか思ってたり。
女主人公のエロACTの場合は、「被ダメージ時」「ゲームオーバー時」と大体2種類に分けられると思うんですが、プレイするうちにダメージを食らう「ごく普通のアクションゲームとしてのバランス」を取るだけで達成できるので、(ゲームの作りやすさは置いておくとして)ゲームとしての違和感は少ないんですよね。

ちなみに私の場合は、RPGクリアが苦手(台詞をボタン連打で飛ばしちゃって次の行き場所が分からなくなったりとか)ってのもありますが、周回前提でルート分岐とかあるRPGだと「面倒くさいにゃー」ってなっちゃうことありますね……。
ルート次第では出てこないボス敵がいたりとかすると、余計にそういう面倒くささが増しちゃうというか。
ここに触れちゃうと、「プレイヤーがきちんと最後までゲームをプレイしてくれるか」っていう、すごく根本的な話になってしまうわけですが……。

「敗北Hはゲームとしておかしいのか?」に関しては、ゲームサイクルの「障害と報酬」を元に言及されているんですが、勝利した際などのゲームサイクルにおける「報酬」は全く関係なく問題は「ゲームに敗北Hという演出をどのようにいれるか」であって、「勝たないといけないゲーム(障害)に敗北エロ(演出)が組み込まれることで、あべこべに感じやすい」という、ゲームとエロが直結しているが故に話がややこしくなっているのではないか、と考えています。

この点は女主人公のエロACTと全く同じであるのですが、レベルや装備などの複雑な要素が無くても成立するエロACTと比べ、わざわざ自爆アイテムを用意しないといけないほどに「負けることが難しいケースが発生する」ってのが、エロRPGのゲーム性に対する違和感に繋がっていると思います。
まあ、この辺りは「リトライを素早く出来るようにする」とか「自爆アイテムに、演出を見るため以外の使うべき意味合いを持たせる」とか、この辺りの「あべこべに感じやすい部分を如何に処理するか」ってのが重要なんじゃないかなぁ、と。


買い専から見た特殊クーポン姿勢

これまでは、「作品を買うと、そのサークルの過去作品が割引されるぜ!」というクーポンが発行されるのが通例でしたが、いぬすくさんの作品「妹!せいかつ ~モノクローム~」に関しては、かなり特殊なクーポンとなっておりました。

詳しくはメルマガ参照していただきたいのですが、「他サークルさんの過去作を買うことで、妹!せいかつ ~モノクローム~ が20%オフ!」というもの。
一番賢い買い方は、いぬすくさんの有料プランに入って90%オフクーポンを貰うこと(300円で90%オフクーポンなので、作品代75円+300円で半額になる)なので、クーポン自体には実質的に意味が無かったりしますが今後のことを考えると興味深いクーポンであります。
更に、「妹!せいかつ ~モノクローム~」を購入すると、ドージンオトメさんの「あまえんぼ」が20%で買えるクーポンを発行するコラボ企画を決定済み。

買い専の身からしますと、「DLsiteの機能内で無理やりバンドル実装しようとしてるこれ……」という印象だったり。
他サークルさんのクーポンを発行することは出来ないと思うので、普通にDLsiteさん主体での実験だと思うんですが、DLsite側からサークルさんに「企画やるから値引きお願い~」ってお願いして、それに他サークルさんへのクーポンをくっつけてしまえば、ちょっとしたお安くなるバンドルの完成なんですよね。
今回の場合は、他サークルさんの作品+「妹!せいかつ ~モノクローム~」+「あまえんぼ」の3作品のバンドル。

そういう企画の対象にならないサークルさんは、Ci-enで他サークルさん作品のギフト券配布するという形で疑似的に出来るため多少の対抗はできるんですが、そのギフト券自体が「購入枚数は1作品につき、10枚まで」という制限が課されちゃってるという。
今回の他サークルさん購入からのクーポンがどれだけ使われるか(※一番安い買い方がサークルさんのCi-en経由段階な時点で企画倒れ感がする)、まだ未発売作品である「あまえんぼ」に対するクーポン付加がどのようになされるかによって、もしかしたらDLsite主導以外にも、Ci-enなどで他サークルさんへのクーポンを出せる感じになったり、ギフト券の枚数撤廃などがあるのかもしれません。

うーん、でもクーポンで購入された場合って売上額下がっちゃうだろうから、「他サークルさんへのクーポンを出す」機能は性善説に基づかざるを得なくなりますし、ギフト券がやっぱり一番現実的ですかね……。
(布教のためのギフト券なのに枚数制限がある理屈が、よく分からない……)



というわけで、やたらと長くなっちゃいましたが、111さんのメルマガ「第368号 「同人もやはり巨大なムラ社会 ギフト振興券でおらが村の村興しだ」」の感想でした。

さて、111さんのメルマガでは同人界隈の話だけでなく、ワールドワイドなエンタメ的なお話や技術的なお話など、様々なことが書かれております。
毎週日曜日、朝の7時に配信されておりますので、(一応メルマガと言及しておりますが)見る分には正直Ci-enの方が良さげな感じがしますので、九条の会さんをフォローして記事をちょくちょく見てみてくださいねー!

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

月別アーカイブ

限定特典から探す

記事を検索