Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

エローン大君 2022年02月13日 22:34

あけましておめでとうございます(そして活動ほぼ停止状態になります的なお知らせ)

あけましておめでとうございます。2022年もよろしくお願いします。
もう2月も中旬、いくら何でも挨拶としては遅すぎますが、色々と忙しかったんだから仕方が無い。
そして今現在もこれまでとは違う方向で忙しかったりします。

まずざっと2021年を振り返りますと、何というか新型コロナ祭りでしたね。
私は病気の療養重視の生活だったので「全力でひきこもる」というある種最強の防衛策も使えたんですが、実際問題としてずっと家の中にいると気が滅入ってくる。
社会全体も同じくですが、「ここまでは大丈夫かな?」と探り合う生活だったという感じですね。
年末に関しては「オミクロン株」と露骨なフラグがある中で、「よくここまでみんな全国飛び回ってはしゃげたな!」ちょっと感嘆してます。
だって、人が少ないコーナーが目当てとは言えラウンドワンに言ってた私は何も言えねえ。
あと、9月下旬あたりからダイエットを始めまして、1ヶ月-4kg~-5kgぐらいのペースで現状は痩せていっています。
きちんと食事や運動管理しておいてなんですが、ほぼほぼ計算通りに体が瘦せていく、って自分の身体を上手く操ってる感じで楽しいですね。
まだまだ時間はかかりますが、人並みの身体になれるよう頑張っていきたいです。



Ci-enでたびたび書くゲーム絡みの話だと特筆すべきなのは、「Hotline Miami」シリーズにハマったことですね。

ところで、なろう系の作品で「追放」ものの作品が近年流行ってるらしいですが、あの系統の作品で大事なのは「ざまぁ」感らしいですね。
私も推理小説などを読むときは、ネタバレを事前に確認(最後のページあたりを読む)して、犯人が追い詰められていく様を選んだ勧善懲悪ものとして楽しんでいるので、ざまぁ感の楽しさは何となく分かります。
ゲームの話に戻りますと、私自身ステルスアクションゲームが好きなのですが、「敵から隠れてじわじわと進む」タイプよりは、天誅シリーズみたいな「攻撃するために隠れる」タイプのゲームが大好き。
私がステルスアクションに求めているのは「監視の目をかいくぐって敵をバンバン殺し、敵の陣地ど真ん中を悠々と歩くこと」。
そして、敵地を悠々と歩きながら思うことは、「ざまぁ」なんです。

Hotline Miamiは2012年発売の見下ろし型シューティング。
ウータさんの「てつはう」とか「はかいマン」から影響を受けた作品としても有名ですね。
てつはう・はかいマンがキーボード操作を前提としているため射撃角度が固定されているのに対し、HotLine Miamiはマウスで好きな方向への射撃が可能。
建物の中と言う狭いフィールドの中で、アグレッシブに敵を殺せば殺すほどスコアは爆上がり。敵のマフィアを全滅させればクリアという単純明快さ!
その代わり、マフィアの銃撃はすこぶる上手く、見つかれば1秒もしないうちに攻撃され、上手く立ち回らない限りは即死!
何度も死にながら攻略法を探していくうちに徐々に倒し方が手馴れていき、1秒1殺ペースでサクサクー!とマフィアを殺していく感覚が爽快なゲームでした。
マフィアは間違いなく強敵なのですが、主人公を目撃か銃声が聞こえた段階でこちら側に突っ込んでくるので誘導は容易。
真っ当に戦えば恐ろしいマフィアを翻弄する「ざまぁ感」が個人的に凄く刺さったゲームでした。
あと、夢か現か、かなり難解なストーリーも考察サイトとかを見ながら、自分なりの解釈を考えていくのが楽しかったり。
2の方に関してはまだプレイ途中なんですが、全体的にフィールドが広がったのと、暗いステージなど厄介なバリエーションが増えたりしているので、1周目の段階でかなり苦戦してたり。今年の目標は2をクリアすることです。


と妙に長々と書きましたが、実はもう今日は早く寝ないといけないのです。
というのも、家庭の事情やら色々ありまして、つい先日お仕事につくことになりました。
その絡みで結構早起きしないといけない上に、シフト制で連休がめったに無い(あと肉体仕事成分もあるので疲労も凄い)ので、身体を落ち着けて色々書く時間がなくなっていたりしています。
そのため、生活リズムや体の休め方などを掴むまでは、色んな感想を書いたりすることが出来なくなってしまいました。
エローン大君としての活動は当面の間物凄く控えめになりますが、1ヶ月に1・2つぐらいは何とか書いていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。
あと、ダイエットの方も、仕事の関係上「帰ってから何もやりたくねぇ~!」という感じですが、頑張っていきたいと思います。

2022年、あまりエローン大君として頑張れないかもしれませんが、ちょくちょく無理をしない程度に頑張るつもりなので、今後ともよろしくお願いいたします。

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

月別アーカイブ

限定特典から探す

記事を検索