亀倉裕幸さんをフォローして、最新情報をチェックしよう!

マイページへ

Ci-enはクリエイターに対して、金銭的な支援を送ることができるサービスです。

亀倉裕幸

2020年9月の活動報告


今回のCi-enの更新は「2020年9月の活動報告」です。

9月にやったこと

・Ci-enの記事を1件投稿しました。

・pixivFANBOXの記事を1件投稿しました。

「フィオの旅12 ラムダ7869号」の制作状況

現在フィオの旅 第17話「予言の書」の作画中です。

今回の更新では、下描きの工程を公開します。
このコマは30ページ目の2コマになります。


簡単なアタリ線を描きます。
この辺りでは、だいたいの位置を決めていきます。


キャラクター(フィオ)の下描きを細かく描いていきます。


さらにキャラクター(レナード)の下描きを描いていきます。
ペン入れをする時に迷わないように
しっかりと下描きをします。


背景(爆発)の下描きを簡単に描きます。
爆発などのエフェクトは、勢いが大事なので
細かく下描きを描くことはしません。

これでこのコマの下描きは終わりです。


ページの追加をした話

第17話「予言の書」のページ追加とネームの修正を行いました。
なので全39ページの予定が49ページに増えました。

何故ページを増やしたかと言うと、
主な理由は2つあります。

ひとつは、新規読者様に対する配慮が
少し欠けていたのではないかと思ったことと、

もう一つは、ページを増やしたほうが
単純に面白いと思ったからです。


漫画の制作にはコストが掛かります。
本という形をとる以上、ページ数の制限があります。

同人誌を作る段階で、
このくらいの予算なら何ページくらいに抑えれば
予算内で作れるっていう風に
逆算してページ数の目安を決めています。

なので、決めた枠の中でいかに面白く表現するか
というのが腕の見せ所なのですが、

プロットからネームに落とし込む時に
ちょっと削りすぎて表現不足だと思ったところを
戻したっていうのが今回のページ追加の理由のひとつです。

フィオの旅は16話まで制作し、
結構長い期間描いているので
ある程度過去のエピソードを読んでいることを
前提に構成されています。

漫画以外の表現方法が
異なる媒体(映像作品、アニメ、ゲームなど)でも、
作品に触れる側は、

一番最初のエピソードから触れるとは限らないし、
一番最初のエピソードを絶対に読まなければならない
という決まりも無いわけです。

読んでいることが前提の作り方って言うのは
途中から読んでくださった読者様に
優しくない仕様なのかもしれないと思ったわけです。

なので、途中から読んでも、
ある程度お話を把握できるようにする為に
ページの追加が必要だと判断したのが二つ目の理由です。


ページ追加などの若干の構成変更のため、
もうすこしお時間を頂くことになります。
申し訳ありません。

9月の活動予定


「フィオの旅12」の作画を主に進めます。

今月中にはある程度形になった物を
お届けできるように頑張ります。

今後ともよろしくお願いします。

\いいね・ツイートで応援!/