投稿記事

2022年 11月の記事 (4)

役演亭 Nov/29/2022 17:26

体験版を公開! (光の絆の生徒達 ~ キャラメイク・タイピングRPG ~)

先日お知らせしたとおり、「光の絆の生徒達 ~ キャラメイク・タイピングRPG ~」の体験版を公開いたしました!

以下の画像のリンクから予告ページに飛べます (※別窓で開きます) ので、興味のある方は是非、下記の「予告ページ」からダウンロードのうえ、プレイしていただけるとうれしいです!

体験版の主な仕様・制約について

詳細は上記のページにも書きましたが、主なところでは以下です。

  • プレイ時間の目安 : 30 分 ~ 1 時間
  • ステージ 6 までプレイ可能です。
  • キャラクターメイキングに制限がかかっています。(立ち絵の変更不可。着色は可能)

キャラメイクについては、本作 (および役演亭作品) の売りの 1 つでもあるため、前作「心の力の生徒達」と同様に制限をかけさせていただきました。

特に今作は、キャラメイク用の立ち絵は完全にオーダーメイド (有償依頼) していますので、無償では提供する訳にはいかないという事情もあります。

今後も「パーティーメンバー全員キャラメイク」を重視していきたい役演亭としましては、絵描きさんに報酬をペイするためにも必要な制限ですので、何卒ご理解いただけたらと思います。

補足:キャラメイクの制限と「開発支援者プラン」の関連について

プランの特典説明のページ

https://ci-en.net/creator/14157/plan

にも書いたとおり、「詳細は検討中」としている有償の「開発支援者プラン」では、特典の 1 つとして「キャラメイクに一切制限をかけない体験版の配布」を考えています。

これは、言い換えれば、ゲーム本編にはあまり興味無いけど、キャラメイクは楽しみたい!! …と考える方に、割安 (=1カ月分の支援額だけ) でキャラメイク無制限版 (ゲーム本編のみ制限がかかった体験版) を配布することに相当します。

これができれば、絵描きさんに報酬をペイすることにもつながるため、Ci-en の趣旨としても合っているのではないかと考えています。

しかし、今作では、体験版リリースから正式版リリースまでの期間が短くなってしまい、スケジュール的にもやや厳しいため、今のところ有償プランを使用した制限解除版の配布は予定していません。
(※ ただし、一定の需要がありそうであれば、検討いたします。)

今後の作品で、有償プランを利用してキャラメイク無制限の体験版を配布することになった場合は、Ci-en の記事でお知らせする予定ですので、特にキャラメイクに興味のある方はご期待いただければと思います。

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

役演亭 Nov/24/2022 17:28

体験版を準備中! (光の絆の生徒達 ~ キャラメイク・タイピングRPG ~)

次回作「光の絆の生徒達 ~ キャラメイク・タイピングRPG ~」について、体験版が出せるレベルまで制作が進みました。

タイトルロゴは、こはるさん (twitter.com/logo_coharu) に作成していただきました!

現在、最終調整を進めつつ、DLsite の作品予告ページ (兼・体験版ダウンロードページ) の準備を進めています。

遅くとも 11 月いっぱいを目途に体験版の公開を目指していますので、是非、よろしくお願いいたします!

キャラクターメイキングの立ち絵を描いていただいた高鈴紅音さん (twitter.com/rururu3104) に、追加でデフォルトキャラの 3 人と背景を描いていただきました!

主に DLsite を含む販売サイトでのパッケージデザイン用に使用していますが、せっかく「オーダーメイド」しましたので、タイトル画面にも組み込みました!

英語版のタイトルロゴとタイトル画面は上記のようになります。
今作は、体験版リリースの時点から、英語にも対応となります!

製品版も 12 月中のリリースを目指していますので、是非とも、本作「光の絆の生徒達 ~ キャラメイク・タイピングRPG ~」をよろしくお願いいたします!

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

役演亭 Nov/12/2022 19:07

INDIE Live Expo Winter 2022 審査通過!! (+ 副題について)

12/3(土)、12/4(日) に生放送予定のインディーゲームイベント INDIE Live Expo Winter 2022 にて、次回作「光の絆の生徒達」を取り上げていただけることになりました!

https://indie.live-expo.games

まだ作品紹介ページはありませんが、おそらく上記の日程前後で公開されると思います。

未発売作品のため、12/4(日) の放送時間帯での紹介となる予定です。

動画について

10/25 の記事で、イベント申し込み用に動画を作成した旨を書きましたが、まさにこのイベントに申し込むためでした。

しかし、10/25 の時点では、ゲーム自体があまり良い動画が撮れるだけの完成度ではありませんでしたので、制作が進むたびに動画を撮り直していました。

以下は第 3 版の動画で、ゲージを溜めて使う必殺技のアニメーションも追加したものになります。

(発動時の技の名称には、キャラメイクで設定したパーティー名が入ります。完全に MOTHER シリーズの「PKカッコイイモノα/β/γ/Ω」を意識しています。)

https://www.youtube.com/watch?v=AnvUY_g6nqQ

ただ、イベントに申し込んだ後 (=締切日が過ぎた後) の動画が採用されるかどうかは未知数ですが…

副題について

知り合いのゲーム作者 (※既に専業同人として生計を立てられるレベルにある方です) から、「ゲーム内容がよく分かるような副題を付けた方が良い」というアドバイスをいただいたため、副題を付けることにしました。

  • 日本語版
    • 光の絆の生徒達 ~ キャラメイク・タイピングRPG ~
  • 英語版
    • Students of Light Bonds - Typing RPG with Character Creation -

かなりド直球な副題ですが、何を重視しているのかも含めて、ゲーム内容が伝わるような副題になったと思います。

制作の方もだいぶ大詰めを迎えてきました。戦闘システムもほぼ完成しました。

来月リリースする予定ですので、是非とも、本作「光の絆の生徒達 ~ キャラメイク・タイピングRPG ~」をよろしくお願いいたします!

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

役演亭 Nov/02/2022 17:34

有利な属性持ちの味方を「支援」して敵全体を一掃! (次回作:光の絆の生徒達)

Twitter の方でも簡単に紹介しましたが、制作中の次回作「光の絆の生徒達」において、ダメージの期待値が確認できるようにしました。

例えば、火属性のキャラで、木属性の敵に全体攻撃しようとすると、以下のように 1024 ずつのダメージを与えられることが「事前に」分かります。

しかし、敵の HP は 2048 なので、いくら火属性が弱点とは言え、これだけではグリーンスライムを倒せないことが分かります。

攻撃を「全体化」すると威力が半減してしまうため、どうにかしてこれを補う必要が出てくるのです。

ダメージ期待値を確認しつつキャラの行動選択を検討

このダメージ期待値は、他のキャラの行動選択結果も合算されるため、そのターンの戦略を考えるのに役立ちます。

そこで、残りの 2 人も、同じく、全体攻撃を選んでみます。

しかし、それでも、合計ダメージは 1792 ずつのため、HP を削り切ることができません。

なぜなら、残りの 2 人は弱点を突けないうえ、水属性は半減されてしまうからです。

グリーンスライム x4 を 1 ターンキルするための戦略は…

1 つの対策として、残りの 2 人のうち 1 人の装備を「火属性」に変更して戦闘に挑む、ということが考えられます。

しかし、大抵の戦闘は 1 ウェーブでは終わらず、複数ウェーブにまたがって続きます。(※ボス戦など、一部のステージは除く)

画面左上を見てみると、次に来るウェーブの編成は、水属性の敵が 5 体であることも示されています。

なので、属性を偏らせると、他のウェーブで弱点を突けずに不利になってしまいます。

そこで役に立つのが、「支援」「妨害」などの味方の補助を行うためのスキル です。

上記のように「支援」を行うことで、指定した味方が敵に与えることのできるダメージを、支援 1 人分あたり +50% 上乗せすることができます。

したがって、火属性の味方を、残る 2 人で「支援」してあげることで、弱点攻撃の威力を +100% = 2 倍にし、見事、敵を 1 ターンで倒すことができるようになります。

本作では味方全員をキャラクターメイキングできるようにしているため、このように、味方 3 人のチームワークが重視されるような戦闘システム設計にしました。

最後に…

本作は「タイピングゲーム」ですが、上記のように RPG としての戦闘システムの部分にも戦略性を持たせています。

もちろん、タイピングゲームとしての面白さが損なわないよう、複雑すぎない程度に抑えていますが、RPG としても楽しむことができるように工夫を行っていますので、本作に興味をお持ちの方は期待していただければと思います!

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

月別アーカイブ

限定特典から探す

記事を検索