Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

投稿記事

違国日記の記事(2)

片倉九時

片倉九時 2019年12月18日 22:05

違国日記は絶望読書にはいるのではないか?

 違国日記はヤマシタトモコさんが描いてる漫画で両親を亡くした中3の田汲朝が母の姉の小説家である高大槙生(こうだいまきお)に引き取られる話だ。
 それで絶望読書とは頭木弘樹さんが唱える絶望してるときは絶望読書がいいというものだ。
[違国日記](<a href="https://honto.jp/isbn/978-4-396-76717-4?partnerid=aftoc8407944871&booktype=ebook" alt="【期間限定価格】違国日記(1)" style="display:inline-block;text-align:center;font-size:13px;text-decoration:none;"><img src="https://image.honto.jp/item/1/98/2879/1287/28791287_1.png" width="100">【期間限定価格】違国日記(1))
[絶望読書](<a href="https://honto.jp/isbn/978-4-86410-487-6?partnerid=aftoc8407944871&booktype=ebook" alt="絶望読書~苦悩の時期、私を救った本~" style="display:inline-block;text-align:center;font-size:13px;text-decoration:none;"><img src="https://image.honto.jp/item/1/98/2795/5449/27955449_1.png" width="100">絶望読書~苦悩の時期、私を救った本~)
 頭木さんは病に伏したとき、元気になる本より絶望するような本を読むのがいいというようなことを確か書いてて、なるほどと。例えばつらいときに太宰の人間失格を読みたくなったりするのと同じかなと思ったりした。
 
 違国日記はとても面白い。それと同時に「そうそう!」と頷くようなところがある。でもそこは楽しいじゃなくて悲しい記憶と連鎖してくるようなものだ。

 違国日記は。そもそも両親の死から始まり、姉妹の相互不信。親が信じられない等だれにでもありそうな絶望がかかれている。
 これは読む人にとって、寄り添うようなものになるのではなかろうか?

 

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
片倉九時

片倉九時 2019年09月01日 20:19

違国日記とかいうとんでもない漫画について

 この漫画がすごい。
 HP
 姉夫婦が交通事故で亡くなりその子、田汲朝を姉夫婦の妹である高代槙生(こうだいまきお)が引きって行く生活物語だ。朝という高校生と小説家の槇生まきおの生活だ。
 この漫画の何がすごいって扱われているのが呪いだからだ。
 亡くなった母の呪いがかかっている朝。そしてその呪いは私たちにもあるあるなのである。亡くなっているからこそその呪いがどこにも行かずに朝に襲い掛かる。
 それはまきおも同じで死してなお姉の陰に悩まされる。
 これは呪いの漫画なのだ。

 あとこの漫画でめっちゃえろって思ったシーンに気づいたんだけれど、その前BEASTARSっていう漫画があってその漫画の中に腹を見せるのは余程許した仲だけだと言ってるシーンがあるのだけれど、違国日記で朝が泣きじゃくってるシーンでそれをなぐさめるためにまきおががばっと腕で囲むシーンがある。その時は気づかなかったけれど、その行為は元カレの笠町君が昔してくれたものらしくその巻の最後のほうで笠町君がソファーで寄りかかって両腕を横にしてその笠町君に寄りかかるようにまきおがいるシーンがそれはもうとてもエロく感じたわけですよ。
 動物が腹を見せ合うことができるのは余程の中だって後に同じことをしているのを見たら。ねえ。

 まぁとにかく面白いのでおすすめですよ、

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
  • クリエイタータグ

  • 外部リンク

最新の記事

月別アーカイブ

限定特典から探す

記事を検索