Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

投稿記事

ダンジョン飯の記事(5)

片倉九時

片倉九時 2020年03月15日 22:57

ダンジョン飯 62話 6日間 感想

 皆さん読みました?読みました?
 ってかミスルン隊長。男やったんやな。94Pの右下。当時は完璧な青年だったを見るまで女性だと思っていたわ。
 カナリア隊みんな女性ばっかだし今までダンジョン飯に出てくるエルフって女性ばっかりだったからミスルン隊長も女性だって思うだろうよ。
 こんなエルフいたら惚れちまうよな。
 でもミスルン隊長も兄の代わりに入隊したせいで叶わなかった恋ってのはとても人情味あるっていうかエルフ情味っていうのかな。
 
 にしてもこの迷宮の殻を破りのところの書き込みよ。もうまじまじと見ちゃうね。ここの見開きだけでなんかほしくなるようなそんな圧倒されるページよ。
 
 今回はダンジョン飯のダンジョンの成り立ち、さらに言えばこの漫画の成り立ちまで描かれたから、ここまでとこれからの話は全く違って見える。ほんと変わり目の話でしたね。

 おもしろかったー。 

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
片倉九時

片倉九時 2019年10月24日 21:23

ダンジョン飯 58話 感想

 今までのサキュバス観が変わったね。
 最初サキュバスが出ると聞いてわくわくしたけれど、最初にチルチャックが目にした瞬間、「ぶわ」って擬音が出ててどう見ても喜んでいるようじゃないんですよね。
 そこで少し前にチルが「どんな性癖だろうが関係ない、自分でも知り得ない深層意識を読まれるんだ」って言ってるんですよね。
 つまりサキュバスには性的な魅力以外にも多分恐れや畏怖などいろんなものがあってどうしてもさけられない者がサキュバスなんだなって勉強になった。

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
片倉九時

片倉九時 2019年08月15日 17:20

ダンジョン飯 57話 感想

 ダンジョン飯の昔話編面白いよな。ってかはずれがないのがまたすごいところだけれど。
 今回の話を読んで思ったのが、長男、長女のリーダーの経験の事。 
 自分はリーダーと決断する人だと思っている。そのチームにおいて何が最善か。それを判断し実行する。それがリーダーだ。
 その点長男。この場合ライオスは妹のファリンに頼られて決断するという経験があるから、今のチームでもリーダー足り得るのかもしれない。
 今回もマルシルが学校に帰ろうといった後、困ったファリンが「兄さん」って助けを求めているとき、ライオスはファリンのほうを見ておらず自ら思考し「一度迷宮に行ってみないか?」と提案している。
 勿論それがうまくいくとは限らない。だけれど、困ったとき判断し、実行してくれるのは頼れるリーダーと言えるのではないか?
 そういう意味で初めから頼られる存在である長男長女はリーダーの資質があるのではないか?まぁ、全員がそうではないにしろ頼られ決断する経験があることは妹や弟よりあるのではないかと思った。

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
片倉九時

片倉九時 2019年02月24日 11:17

ダンジョン飯 51話 感想

 今回も面白かったね! 
 ちょっとまって、表紙のハーフフットのセンシめっちゃかわいいし、トールマンのセンシめっちゃかっこよすぎだろww
 こうみるとエルフはみんなかっこいいな。チルのエルフも見てみたかった。にしてもチルの無精ひげは何とも言えんな。
 最後元に戻るときみんな裸だけれど、チルがハーフフットからトールマンになった時服破けなかったんかな?
 今回の話でときかくライオスが前向きに考える性質があるからライオスがリーダーなんだなぁって思った。
 それと同時にこのメンバーではチルが重要な役割をしているんじゃないかと思っている。というのも前回チルがトールマンになった時イヅツミが「こっちのほうがあったかい」ってチルの毛布に入ろうとしているところが描写されていた。
 チルって毒舌だけれどそれはハーフフットとして周りの警戒を一番しているから脅威にたいして一番敏感であるからともいえる。
 面倒見もいい。今回の戦いでマルシルが邪魔になっていたところ事情を知ってるチルが手を貸したこともそうだし、409ページでイヅツミの毛布をはごうともしている。
 そして何より気が回る。センシの過去話をする上で自分が一番最初に身の上を話し始めてセンシに話しやすいように雰囲気を作った。
 リーダーはライオスだけれど、チームの輪の中心はチルじゃないかと思っている。

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
片倉九時

片倉九時 2018年10月15日 17:06

ネタばれ注意 ダンジョン飯48話 使い魔 の感想

 18年5月号 ハルタ58に掲載されてる最新のやつです。読んでて激しく誰かに言いたくなったけれどその友達がいないのでここに書いちゃう。ですので単行本派の人たちにとってはネタバレになりますので注意!

 ネタバレ注意







 チル妻と娘がいたww最後のほうにさらっと投げられた爆弾ですね。俺もマルシルみたいな驚き方ですよ。
 今回は笑いどころ満載でしたね。ライオスの不満顔。マルシルの使い魔と同化。そして「俺のダブルヘッドフレイムアイスドラゴン」。これだけあればもう何回も笑っちゃいますね。
 ダンジョン飯を読んでて思うのはデッサンって漫画の幅広げるのかもなぁって思うことです。今回のグリフィンの鷹の頭。ものすごい生き生きしてる。少し前の骸骨の描写もすごいきれいだし、思い出せばファリンの骨を並べるとき詳しく書いてたから人体の骨についても詳しくしっているんだろうなって思いますね。
 まぁだからって全員が全員デッサンが必要とかは私自身やったことがないのでなんとも言えないのですが、ことダンジョン飯においては、久井涼子さんはすごいんじゃないのかなぁって思いました。

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
  • クリエイタータグ

  • 外部リンク

最新の記事

月別アーカイブ

限定特典から探す

記事を検索