Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

投稿記事

うつ病の記事(1)

片倉九時

片倉九時 2019年12月01日 20:28

自分がうつ病であることをもっとしゃべっていこうと思った事。

 自分うつ病なんですよ。かれこれ4年くらいはたちますかね。
 今の状況は睡眠をとったあと、午前中にも2時間ほど睡眠が必要でふとした拍子に具合が悪くなって、そういう時な1,2時間ほどは寝ないと治らない状況ですね。
 正直に言えば今自分が元気だろうと1時間後に自分が元気である自信がないです。だから働くなんてことは無理ですね。
 体調はずっと同じじゃなくていい時もあれば悪い時もある。だけれどこのうつ病がいつ治るかは自分もわからない。このままずっと抱えて生きていくかもしれない。そんな風に思っています。
 でも引け目には思ってないんですよね。
 自分はうつ病だからって何か感染病をもって近所の人に危険があるわけじゃない。ただ自分はうつ病だってだけで。そしてそれが自分では完治に向かうかわからないだけで。
 でもうつ病ってポピュラーなものなのかな?って思った事がありまして。
 最近いろんな美容室に行ってるんですけれど、前回行ったところではおなじみの「ご職業は?」の所で自分のうつ病をしゃべったら相手も身近にうつ病の人いますよ~って話がつながったんですけれど、今回の人はなんか「聞いちゃいけない質問だったか?」みたいな雰囲気が流れたんですよね。
 皆さんはうつ病を知っていますか?最近だと田中圭一先生の「うつヌケ」が話題になりましたね。
 でもそこまで一般的に認知されている感じじゃないですよね。例えばブラック企業で酷使された人がうつ病を発病されてしまったとかそういう話は聞きますけれど、私はうつ病です~~っていう人は少ないですよね。
 そりゃ勿論この文章を打ってる自分は今元気だからこうやってパソコンに書いてるわkですけれど、ベットで寝込むときがあるわけで、そしてうつ病の症状が人それぞれあるわけで世の中のうつ病の人が情報発信してるひとって少ないわけですよ。
 でもだからって大仰に構えられてほしくない。もちろん聞かれたくない事はありますけれど、もうちょっと認知されたほうがいいんじゃないかな?と思ってこうやって書いてみました。

 自分は障碍者基礎年金もらいながら親のすねかじりしています。毎日苦しい時もありますが楽しんで生きています。そんなどこにでもいる人間です。







[うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち](<a href="https://honto.jp/isbn/978-4-04-103708-9?partnerid=aftoc8407944871&booktype=ebook" alt="うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち 【電子書籍限定 フルカラーバージョン】" style="display:inline-block;text-align:center;font-size:13px;text-decoration:none;"><img src="https://image.honto.jp/item/1/98/2828/4918/28284918_1.png" width="100">うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち 【電子書籍限定 フルカラーバージョン】)

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
  • クリエイタータグ

  • 外部リンク

最新の記事

月別アーカイブ

限定特典から探す

記事を検索