Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

投稿記事

2018年 07月の記事(2)

片倉九時

片倉九時 2018年07月30日 22:42

日記 サマーウォーズのヒロインはカズマ君でいいんじゃないかな?

 大学の時サマウォを何回も見る機会がありまして、これはもうカズマ君がヒロインでいいんじゃないかな?と思うわけですよ。
 衝撃的な出会い。そして協力してボスを倒す。
 作中の真ん中でこの二つを果たしているのでもうカズマがヒロインでいいじゃんと思うわけですよ。
 それにナツキときたら最初から利用するために接近し、おじさん目当てでブルーになったりして最後にいいところだけ持ってっていくだけで、ヒロイン要素は主人公が惚れてるだけかなとか思うわけですよ。
 だから個人的にはカズマがヒロインでいいかなと思います。

 よくサマウォーズの話をするとデジモンの「僕らのウォーゲーム」の話題が出ますね。確かに似てるなーと思いました。
 あの映画の中で一番びっくりしたのが、デジモンが進化中に相手が攻撃してきて、
「進化中に攻撃するなんてひどいぞ!」
 って言ってたところですね。あの進化中みんな真面目に見てたんかい!と驚くばかりですよ。この驚きは初代プリキュアの1話で最初のボスがいきなりプリキュアのいる学校に攻めてきて『まじかよえげつねえな』と思った時以来でしたね。

 そうそう。よくサマウォの批判として家族の物語としておきながら女性は家事に追われている昔ながらの風習にとらわれているとかあったんですが。確かにそうですよね。それで最近思うのはマンパワーって大事で家族が多ければ多いほど補い合えるんですよね。だから風呂掃除とか床掃除とかは男が担当とかしてればまぁいいんじゃないかなと思うわけです。
 
 

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
片倉九時

片倉九時 2018年07月20日 12:23

ライトノベルの「理想のヒモ生活」が大好きなので内容と世界観の説明する。

 『理想のヒモ生活』は元は小説家になろうにて連載されていたものを編集、書籍化に合わせて改変したものである。
 作者は渡辺 恒彦さん。イラストは文倉 十さんが手掛ける。

 簡単に物語を説明する。
 主人公の山井ゼンジロウがある日いきなり異世界に飛ばされてそこにいた女王アウラから「結婚してくれ」と頼まれて結婚する。めっちゃ簡単に言うとこういう始まりだ。
 つまり女王のヒモになるということだ!
 結婚から始まるラブストーリーですね。

 ここからが面白いのだが、結婚したゼンジロウは女王と結婚したからと言って王になるわけではないのだ。王配になる。
 王配とはあくまで女王の配偶者として立場で権力としては女王アウラ、王配ゼンジロウという順序になる。
 そして女王アウラはゼンジロウに女王のヒモとして後宮にずっと留まって欲しいという要求している。結婚はするし権力もあるけれど何もしてほしくない。これがアウラの要求でゼンジロウはそれを呑む形になる。ここにいつまでもぐうたら生活をしていい『理想のヒモ生活』が始まる。

 じゃあはいそれで終わりとならないのが物語ってもんで。ここからどうなっていくのか?まず女王アウラの世界を説明すると、男尊女卑で魔法は使えるが例えば異世界に飛ばしたりする特殊な魔法ができるのが王族などに限られていて大変貴重である。そのため王族の数が多いと国力につながるのだ。そして女王アウラの国『カーパァ王国』は南大陸でゼンジロウが飛ばされる前まで戦争をしていて勝利した国だが王族が少なくなっており女王アウラだけになってしまったのである。
 これは困った。じゃあアウラが誰かと結婚して子供を増やせばいいという話になるのだがちょっと待ってほしい。女王と結婚したものは権力を持つのである。そのものが女王アウラの地位を奪って自分が王になろうとしないといないという可能性はない。それに結婚する貴族はそれだけで王家と連なるというだけで地位が上がる。一応大戦を勝利した国であっても内輪もめで崩れる可能性もある状態なのだ。
 そこで異世界から結婚相手を、結婚しても後宮で怠惰な生活をして権力に無欲な者を呼び出そうとしたのがそもそものはじまりである。
 こうしてゼンジロウが呼び出され、女王アウラと結婚するのだ。

 もちろんこれで収まる貴族ではない。上に書いたように王族はいればいるほどいい。そして偶然にもゼンジロウもカーパァ王家秘蔵の魔法。時空魔法の素質をもっていたのだ。つまり女王アウラじゃなくてもゼンジロウと結婚して子供を産む事も国としてはOKなのでゼンジロウの側室になろうとする者たちがあらわれるのだ。
 
 ではゼンジロウはどうするのか?それまでサラリーマンをやってたゼンジロウが貴族社会の中でどう立ち振る舞っていくのか?ずっと後宮の生活をしているという話だったのでは?

 まぁ、こんな内容です。めっちゃ面白いのでみんなも買ってくれよな!
リンク

コミックも出てるぞ!
リンク

 最新刊も今月末に出るぞ!

リンク

 このラノベで俺が一番好きなキャラはフレア殿下。めっちゃ可愛いぞ!

 ちなみに俺がなぜこの本を手に取ったかといえば、イラストレーターが文倉 十さんだったのと、出版社が主婦の友社だったので「ヒモ生活に主婦の友社の掛け合わせってもしれー」ぐらいでした。中身とかなんもしらなかったね!



 

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
  • クリエイタータグ

  • 外部リンク

最新の記事

月別アーカイブ

限定特典から探す

記事を検索