ぴぽやさんをフォローして、最新情報をチェックしよう!

マイページへ

Ci-enはクリエイターに対して、金銭的な支援を送ることができるサービスです。

ぴぽや

【進捗】SpriteStudioを使った素材その3


みなさん、こんばんは。
本日もSpriteStudioを使ってRPGツクールMV/MZ規格のサイドビューキャラを生成するキットの進捗です。
テンプレくんの衣装もできたので、SpriteStudioに組み込んでアニメーションを調整しました。
個々のポーズやアニメはまだ詰めたものではないですが、こんなかんじで動きます。

アニメのありなしはRPGツクールMV/MZに準拠しているので、どうしようか迷っているのですが、ひとまずこのまま仕上げて後々アニメに出来る部分は調整しようと思います。
「状態異常」と「瀕死」と「眠り」が表情違うだけでポーズが同じなので、「眠り」は首が揺れるぐらいのアニメはつけます。

今回のものは前の記事に書いたとおり、SpriteStudioのメッシュ変形で細かなパーツ変形をさせることができないのですが、なんかメッシュ使わない変形機能あったよなぁ?とずっと思っていたのですが、「頂点変形」というのがあるのを思い出しました。SpriteStudio触るの久々で色々わすれてましたね。これはウディタで言うと「自由変形」で、画像の4角の座標を移動させることができます。これであればイラストの内容に関わらず変形でアニメーションさせることができるので、あとで髪揺れなんかも付けていきます。

現状の使用パーツはこちらの画像のとおりです。


細かいですが、それほどパーツ数多くなく作れます。多いかな…?
下2段の服のパターンだけ、通常、裾が広がっているもの(脚を広げたとき)、立膝の時のものと微調整したものが必要になります。このあたりはメッシュ変形を使えればいらないものなので、パーツ数が増えてちょっと手間ですがイラストの微調整ぐらいなので大丈夫かなと。

あとは「表情」と「手のひら」を数パターン作ってデータとしては完成。
動きをブラッシュアップしたら、ドキュメント作ってアップしたいと思います。
SpriteStudio上での調整や、独自パーツを追加したい場合の手順なんかをまとめますので、ドキュメント作成にまた少し時間が掛かりそうです。


ではでは、また~。

\いいね・ツイートで応援!/