Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

カッピ / 風薙鳥 Sep/04/2022 22:32

【オンラインRPG制作】モーションの補間とカラーリングの実験

モーションのフレーム補間

滑らかにキャラクターが動くゲームの影響を受け、自分のゲームもモーションを滑らかにしようと行動に移りました。
思えば、試作した歩行モーションは中割りを描いたのに、本番ではツクールの仕様に合わせたコマ数になっていましたね。

フレーム枚数が多いほど、カクカク感は薄くなります。
モーションを細かくする方法として、フレーム補間が挙がりました。
ペイントソフトの機能で、ポーズとポーズの間を何段階にも埋めてみると……

 
【GIFアニメ】フレーム補間を適用した横向き待機モーション

描く枚数を抑えつつ、これだけ滑らかにできるんですね。
でも、前回の記事のような大きな動きになると、また勝手が違うのかな?

カラーリングの実験

オンラインRPGでは定番の機能のひとつ、キャラクターメイクでの色の変更。
動きを滑らかにした待機モーションで実験中です。

 
【画像】作成中のUIで配色を変える実験の様子

従来のような、色変えの対象パーツを別のファイルに分割する、という方法も可能です。
でも、1キャラだけで複数のAPNGを同時に再生することになり、負荷がかからないか心配。

画像ファイルは全身を1枚に収める、髪や服の位置は明確にしない。
その環境で、ある程度の精度でカラーリングできるように、実装と調整を続けているところです。

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

月別アーカイブ

記事を検索