Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

投稿記事

設定資料の記事(4)

らふすけっちいんく 2021年12月19日 20:00

【設定資料】最後の巫女 vol.1 〜開発企画書〜

みなさんこんにちは!ナナです!

最近ナナは暇さえあればずっとTwitterを見ておりますが、「最後の巫女」や「桃色飲茶娘」など、年末のお忙しい時期にも関わらずたくさんのプレイ報告をいただいており、本当にありがとうございます(≧▽≦)



そして、BOOTHにて限定販売中のミニ拡張セット「最後の巫女 慈愛の天照 / 悲憤の大国主」ですが、ただいま品切れ中で大変ご迷惑おかけしておりますが、現在絶賛再製造中でござます!

補充まではまだもう少し時間がかかりますので、いましばらくお待ちくださいませ;;


さて、今日はそんな「最後の巫女」にフィーチャーしまして、実際の開発に使用された企画書の一部を初公開いたします!(おそらく開発関係者とみなさましか見ることのできないものだと思います><)

【 ADVANCED PLAN 】プラン以上限定 支援額:500円

【ADVANCED PLAN】以上で全ての有料記事を読むことができます。

このバックナンバーを購入すると、このプランの2021年12月に投稿された限定特典を閲覧できます。バックナンバーとは?

支援額:500円

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

らふすけっちいんく 2021年10月24日 20:00

【設定資料】桃色飲茶娘 vol.1 〜ボツ案〜

みなさんこんにちは!ナナです!


突然ですがみなさま、ゲームマーケット2021春にはご来場されてましたでしょうか?
コロナ禍の開催で他府県からの移動がなかなか難しいということと、時間差での入場ということもあり、会場はちょっぴり寂しい雰囲気でしたが、ラフスケッチブースはこのような感じでした!




Twitterなどで「見たよ〜!」という方もいらっしゃると思いますが、この時点でラフスケッチ作品に登場している女の子たちがパネルで全員集合しておりました!(ナナたちメイド勢が見切れておりますが...)


そしてこのパネル、右上の方に黒く塗りつぶされたシルエットの子たちが2人いました。




実はこちら、ほとんどの方がお気づきだったかと思いますが

桃色飲茶娘の拡張セットが計画されてるかも〜!?
登場人物が2人増えるかも〜!?

というメッセージが込められておりました!(≧▽≦)


しかし、ここでもう一度、拡張セット「桃色飲茶娘 夜桜狂想曲」のパッケージを見てみると




うん、明らかにシルエットが違う。

【 ADVANCED PLAN 】プラン以上限定 支援額:500円

【ADVANCED PLAN】以上で全ての有料記事を読むことができます。

このバックナンバーを購入すると、このプランの2021年10月に投稿された限定特典を閲覧できます。バックナンバーとは?

支援額:500円

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

らふすけっちいんく 2021年09月12日 18:00

【設定資料】下町メイド物語 vol.1 〜メイドの歴史〜

みなさんこんにちは!ナナです!

暦上は秋に突入して、少しずつ涼しい日も増えてきましたね(=^ ^=)

前回はラフスケッチの作品すべてに共通するテーマについてお話しました。
来年以降に発表する予定の新作でもこちらのテーマに沿って展開していきますので、まだ読んでないよ!という方はお時間があるときに是非ご一読くださいませ><

下町メイド物語について

さて、本日はラフスケッチ最初の作品である「下町メイド物語」についてお話していこうと思います。(私のデビュー作でもありますよ!)

この世界では私の憧れであり目標でもある「メイド」は就くことが非常に難しい職業で、誰でもなれるというものではありません。
「メイド協会」に認可を受けた教育機関(王立ファルテシア学園のような)で然るべき教育を受け、試験に合格し、ライセンスを授与されなければなりません。



左から「仮ライセンス」「コミュニアライセンス」「エスパティエライセンス」

全てのメイドは例外なく「仮ライセンス」を取得をするところからスタートし、正式なメイドとして認められるのは「コミュニア」からです。「仮ライセンス」には期限があり、この期間中に一定の成果を上げ「コミュニア」として認められないと基本的にはメイドになることができません。

かつては「仮ライセンス」と「コミュニア」の2つのライセンスしかありませんでしたが、「コミュニア」の中でも特に優れた能力を持つ人材が現れ、徐々に一括りに扱うのが困難となり「エスパティエ」というライセンスが登場しました。

「エスパティエ」になるには何かの試験があるというわけではなく、「メイド協会」が特別に認めたメイドだけが「エスパティエ」を名乗ることができます。(ルルさんたちフォルセティはみんなエスパティエ!)



ボードゲームの中でも「仮ライセンス」を取得することがひとつの目標になっています。

これらのライセンスを持たずにメイドと同じような仕事・依頼を受ける人々は闇メイドと呼ばれ、その数は正規のメイドよりも圧倒的に多いとされ、国際問題になっています。

メイドは優秀であるが故に報酬が高く、狭き門であるが故に脱落者が多く、それなりの能力でいいから安く雇いたいという需要とメイドには及ばないがそれなりの能力を備えた人材の供給というバランスが取れてしまい、その数は増える一方なのです。


さて、それではここからはなぜメイドがここまでの社会的地位を得たかというメイドの歴史についてお話していきます。

メイドの歴史

【 ADVANCED PLAN 】プラン以上限定 支援額:500円

【ADVANCED PLAN】以上で全ての有料記事を読むことができます。

このバックナンバーを購入すると、このプランの2021年09月に投稿された限定特典を閲覧できます。バックナンバーとは?

支援額:500円

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

らふすけっちいんく 2021年09月04日 15:00

【設定資料】ラフスケッチの描く世界観について

みなさんこんにちは!ナナです!

今週からCi-enを始めましたが、早速たくさんの方にご支援いただいており本当にありがとうございます(;▽;)

Ci-enに初めて登録したよ!という方もたくさんいらっしゃって、感謝で胸がいっぱいです。
Ci-enではまだまだボードゲームというジャンルで更新をされている方が少ない状況ですので、そのような中でご登録いただいているのは本当に特別なことと痛感しております。

さて、そんなみなさんの期待に私たちも全力で応えるべく、9月はホットな情報を毎週更新していきたいと思いますので、是非楽しみにしていてくださいね(=^ ^=)

ラフスケッチの描く世界観

早速ですが、前回は【先行情報】をお届けしましたので、今日はこれまでに世のどこにも出していない【裏情報】をお届けしていこうと思います。


ラフスケッチはこれまでに「下町メイド物語」「最後の巫女」「桃色飲茶娘」の3作品をリリースしてきまして、ありがたいことに3作品ともプレイしたよ!持ってるよ!という声をたくさんいただいております。

一方で、「パッケージはかわいいけど、ゲームシステムが重い」「世界観がめちゃくちゃ暗い」といった声も多くいただいております。

今回はその"世界観"の部分についてお話していきます。


先ほどご紹介した3作品のように、ラフスケッチの作品には実はある共通したテーマがあるのです。


左から「下町メイド物語」「最後の巫女」「桃色飲茶娘」

【 ADVANCED PLAN 】プラン以上限定 支援額:500円

【ADVANCED PLAN】以上で全ての有料記事を読むことができます。

このバックナンバーを購入すると、このプランの2021年09月に投稿された限定特典を閲覧できます。バックナンバーとは?

支援額:500円

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

月別アーカイブ

限定特典から探す

記事を検索