Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

らふすけっちいんく Sep/30/2022 19:00

【アフターストーリー】ヴィスコンティ家の場合【姫と騎士】

原案・原作:香川俊宗(LAUGH SKETCH Inc.)
執筆:巽未頼


大公選が始まる2ヶ月前。参加者が決定した段階で、わたくしは調査を命じていた。その結果が、今日わたくしの元に集まった。派遣していた家臣たちの情報が、騎士であるアリシアに集約され、報告を受けていた。

「注目すべき姫や騎士はいますか?」
「やはりベルセルクの姫以外はあまり目立った功績はありませんね」
「ベルセルクの姫は武に偏りすぎているわ。他は?」
「ドラウグの姫は領内の人気は絶大なものの病弱なようですし、アインフェリアの姫は優秀ですが、大公になれる程かと言われますと」
「……そう」

ドラウグ家の姫はどうやら血を吸わずにいるらしい。血を吸えばもっと才覚を発揮できるでしょうに。惜しい。惜しすぎる。

「カスティリオーヌは?」
「恐らくですが、一番に脱落するでしょう。騎士も教養に欠けますし、姫に覇気がありません」
「それは集まった情報からの分析?それともアリシアの感想?」
「……私の感想です」
「そう。ならば、情報の方をお願い」
「家中が諦めている様子で、カスティリオーヌの姫はあまり支援を得られていません。本人の素質は決して低くはないようですが、表に出る功績がないため家中をまとめきれていない様子にて」

やはり、カスティリオーヌ家の問題はそこだ。幼少期に見たあの姫は、もっと才気に溢れていた。彼女ならば、と思わせる輝きがあったのだ。

「やはり、主がこの国を統べるのが最善かと」
「それでは困るのだわ」
「主の見る目を疑う気は毛頭ございません。されど、あの姫はもう『無理』かと」

この国は行き詰まりつつある。大公が一部の家に限られているがために、一部の家のみが大公となる貴族と思われつつある。カスティリオーヌ家も初期は大公を輩出したのに、最近は大公に選ばれる候補が出てきていなかった。そうして一部に限られた大公とともに、国を憂う家臣も一部に偏りやすい。世襲化する役職も生まれ、どうしたって腐敗することがある。
現大公はそういった部分に厳しいため、現状は表面化していない。だからこそ、今のうちにどうにかしたかった。

「そうかもしれないし、そうでないかもしれない」
「期待しても、私は厳しいと思いますが」

カスティリオーヌ家の姫は騎士にエルフを選んだ。
アリシアもダークエルフであり、その就任には大きな反発があった。わたくしは固定化した騎士の概念や血筋で決まる形を打破するために目的をもってアリシアを選んだ。カスティリオーヌ家の姫だって家中では反発を受けたはずだ。
それでも彼女は騎士にエルフを選んだ。となれば、わたくしに近い視点を持っているかもしれない。今のままでは、変わりゆく周辺国の状況に、この国は置いて行かれてしまう。
騎士と呼ばれる人々は代々剛健さを良しとされてきた。鉄製の厚みのあるプレートに全身を包み、全身を隠す大きさの盾を持って戦うものだった。馬に乗って兵を率い、姫の代わりに戦場に立つ。そういう役割も求められてきた。

しかし、ベルセルクの姫のように最前線に立つ姫もいる。時代や状況次第で柔軟に、必要な人材を騎士とするのが最善なはず。わたくしの場合、兵馬を率いる才は求めていない。むしろわたくしの手となり足となって各地で情報を集めたり、戦場を駆け回ってわたくしの意思や戦術を徹底させることができる人材が欲しかった。そのためにダークエルフの中で特に優秀だったアリシアを選んだのだから。
アリシアはダークエルフらしく月のない日でも夜目がきき、騎馬ほどではないが俊敏。しかも体の柔軟性が高いために狭い場所に忍びこんだり、物音をたてずに移動したりすることが得意だ。これまでの価値観で言えば騎士向きではない能力だったものの、わたくしに最も必要な能力だからと周囲を納得させた。そして、その期待に彼女は応えてくれた。ヴィスコンティ家の騎士では初のダークエルフ。彼女はある意味一族を背負ってこの職務をこなしてくれている。

「そういえば、族長は元気だった?」
「はっ。主が大公になるべく、若手の腕利きを何人か追加で働かせていただきたいと」
「無理してないかしら?この前も若者を派遣してもらって助かったとはいえ……」
「今までの御恩に報いたいと、皆やる気に満ちておりました」
「それならいいのだけれど」

ダークエルフはヴィスコンティ家の初代当主の頃から主従関係を結んできた。イタリア統一戦争当時、ダークエルフはヨーロッパ全域で迫害される立場にあった。それを保護し、主従とすることで守った。結果として、ダークエルフは一族そろって代々仕えてくれるようになった。今の族長は私の祖母が大公の時に仕えた人物で、祖母の騎士をよく支えてくれたと聞いている。

「やはり、どう考えても主に対抗できる家はないかと」
「わたくしも、余程のことがない限り負けないとは思いますよ。でも、」

その余程のことが、ヴィスコンティ家の望む形で起こってほしいのが本音だ。
ベルセルクの姫は危険性が増すドイツとの戦いならばわたくしよりも優秀だろうし、彼女が前線に居続ければこの国の守りは安泰だろう。だが、それは大公の仕事ではない。
同様に、ドラウグ家は領内の発展と初代の絶大な貢献を考えれば大公も狙えるはずだが、ドラウグの貢献は大公家にのみ語り継がれるもの。知っているのは三家の歴代大公と姫だけだ。
アインフェリアの姫はかつて起こった災害からの復興を見事に進めた功績もあり、それ以外も非凡なのはわかっている。ただし、あまり職務を任せられる家臣に恵まれていないため、この国全土に目を向ける余裕が姫にあるのかは疑問だ。

「でも、それでは益々スフォルツァ家とわたくしたちでこの国は”安定”してしまう」
「それは初代大公陛下の望まぬものである、でしたか」
「そう。そもそも、優秀な者が一部の家からしか出ないのなら、初代は最初からヴィスコンティ家を王家にしていたはずよ」

でも、そうはしなかった。それは大公選という制度は、一箇所に権力が集中することが国の長期的な発展の上で好ましくないという考えのもとで生まれたからだ。少なくともヴィスコンティ家ではそう教えられてきた。
しかし、蓋を開けてみれば初代を除き、これまでの16回の大公選を勝ち抜き大公となったのはたった3家であり、ここ数百年は2家で独占している状態だ。もちろん、名門と呼ばれる家から安定して大公になれる才能の姫が輩出されているのは良いことだ。
有事に国家をまとめられる、そして大公が急死した時にその代行が務まる家柄があれば国の安定感が違うのだから。そして、大公選で勝ち抜くにはこの家の当主と比べて優秀かどうかを考える基準とすることができるのだから。
アリシアもこの理念は騎士となる上で教えられている。ただ、彼女は各地の調査に出向くこともあるので、その実態も知っている。

「確か、前回の大公選でいくつかの貴族家から大公選を一部の家に絞ってはどうか、と提案があったと聞きました」
「一部の男爵家が、姫を参加させるのが財政的に苦しいという訴えだったわ」

国家的に見ても、この大公選は莫大な費用がかかる。当然だが、各参加貴族も出費を強いられる。大公選をきっかけに中央の文化が地方に波及したり、人流が加速したりするという良さもある。貴族同士の交流も生まれる。だが小さい領主ほど参加することで苦しい部分があるのは事実だろう。

「それでも、新たな才が定期的に供給されうる体制は守らねばならないわ」
「初代大公陛下のお考えは今後のためにも受け継ぐべきでしょう。ですが」
「今回はわたくしに対抗しうる者はいない、のよね」

幼い頃、社交界で出会った才気煥発な少女。カスティリオーヌ家の姫は目に輝きがあり、いつかわたくしの前に立ち塞がるだろうと思っていた。7年ほど経った頃、彼女の様子はまるで別物になっていた。目線は伏せがちで主体性を感じないものになっていた。彼女はもう終わってしまったのだろうか。
そうであるならば、他家で新たな才能が育つことはもうないのだろうか。初代大公の願いは、誰にも届かないのだろうか。わたくしがヴィスコンティ家10人目の、18代目の大公になって大公選は終わるだけなのだろうか。

♢♢

【 ADVANCED PLAN 】プラン以上限定 支援額:500円

【ADVANCED PLAN】以上で全ての有料記事を読むことができます。

このバックナンバーを購入すると、このプランのSep/2022に投稿された限定特典を閲覧できます。 バックナンバーとは?

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

この記事にはコメントできません。

月別アーカイブ

限定特典から探す

記事を検索