シグナスA-1さんをフォローして、最新情報をチェックしよう!

マイページへ

Ci-enはクリエイターに対して、金銭的な支援を送ることができるサービスです。

投稿記事

2Dアクションの記事(8)

体験版ver0.30 公開

予定通り体験版ver0.30を公開します!
主な更新点は新エリアの追加です。

プレイ動画はこんな感じです。
今回は各エリアとボスを少しずつ小出しにする形で編集しています。

以下のボタンからダウンロードすることができます。
体験版ver0.30以前のセーブデータは引き継ぐことが出来ません。

kokoro_tabi_trial_030.zip (43.79MB)

ダウンロード

その他の更新点は以下の通りです。

  • 分社(ワープポータル)を設置
  • 実績を追加
  • 説明書を追加
  • 消費アイテムを任意のタイミングで使えるように
  • 既存のボスの弾幕パターンを調整
  • 感情ゲージ、扇弾の仕様を変更

今回追加したエリアとボスはステージが奥にあるため全体的に高難易度になっています。
入手できるアイテムも増えたのでちゃんと集めればクリアできると思います。
(Lunaticはプレイヤースキルがないときついかも)

追加した実績も少し分かりづらいものがあります。
全実績解除はいろいろ試しながら遊んでください。

ご意見、ご感想は是非お待ちしてます!
バグ報告は...ないに越したことはないですがもしバグが発生したらごめんなさい。
その点に関してはいろいろシステム追加したのでちょっと不安ですね。

というわけでとりあえずこれで一区切りです。
これからも新エリアをどんどん追加していきたいですね~

\いいねで応援!/

体験版ver0.15 公開

お久しぶりです。
8月末からいろいろあって体験版を公開することになりました。
開発していた探索型2D弾幕アクションの名前は「お面紛失!? こころの幻想郷旅」に決定しました。

10/21開催の東方紅楼夢ではver0.10の体験版を頒布しました。
今回はそれをアップデートしたver0.15を公開します。

プレイ動画はこんな感じです。

この体験版はスタープラン(300円支援)の方限定にさせていただきます。
継続的に体験版を更新するかは未定ですので、今月のみの支援でも構いません。
なお、紅楼夢で体験版を購入された方はDLカード記載のURLからver0.15をダウンロードすることができます。

【 スタープラン 】プラン以上限定 月額:300円

先月以前に投稿された記事のため、この限定特典を閲覧するには[ バックナンバー購入 ]する必要があります。

月額:300円
購入する
\いいねで応援!/

「こころアクション(仮)」試作版の公開

前から告知していた通り「こころアクション(仮)」の試作版を公開します。

本作品は東方二次創作作品で探索型2Dアクションゲームです。
主人公の秦こころを操作して遊ぶゲームになっています。

フォロワーさんはここから先の記事からダウンロードできます。
それ以外はホームページからダウンロードお願いします。

フォロワー以上限定無料

気まぐれでゲームの進捗報告をします

無料
\いいねで応援!/

次回作について

世間は各種イベントでバタバタしていますが、本サークルはGWに出展できる制作物などあるはずもなく。
ただただゲームの土台を作っている感じです。

次回作&体験版について

で、そろそろ構想が固まってきたので少しだけ次回作の話でも。
ゲームジャンルとしては前から言っている通り「2D探索型アクション」で例のごとく弾幕要素を入れるので「2D探索型弾幕アクション」になります。
作品形態としては東方二次創作ゲーム秦こころが主人公です。

前からの進み具合としては、アイテムを実装して取得時にステータスが上がるようにしました。
(現在はマップを切り替えるたびに復活します)
また、敵画像をつけたりレイヤー情報を基にしたチップ配置等も行いました。
要するに前作と同じ仕様まで実装できたかな?という程度です。
ただ、探索型アクションとしてはまだ形になっていない感じです。

本当はGWに一気に作り上げて明日にエア例大祭として体験版を出したかったのですが、思ったよりも進捗が悪くて...
さすがに作り始めてから約一ヶ月なので間に合いませんでした。
よくよく考えると前作も2ヶ月半かけて体験版出していたので、C++の勉強&新ライブラリの時点で無理な予定でした。

今後の予定

今後の予定としては以下のようになります。

  • 自機の攻撃方法の追加
  • 独自の自機システムによる攻撃方法の変化
  • アイテムの種類の追加&保存
  • 雑魚敵の種類の追加
  • ボス戦の追加

これが全て実装できたら自信を持って体験版を出せますが先はかなり長くなりそうです。
プログラムだけならまだしもグラフィック、BGM、SEとまだまだタスクが残っています。
ある程度タスクを消化した段階でプロトタイプとして出してもいいのですがプレイヤーとしてはどうなのかなぁ?と気になるところです。

こんな感じでやっていきますので見守っていただけると幸いです。

\いいねで応援!/

マップチップについて②

前回の記事ではマップチップはタイル上でオートタイルという技術もあるよ!という話をしたところで続きを。
今日は説明だけではなく、気づいたこと&実際にやったことが主です。

2Dアクションにおけるマップチップについて

通常、RPGで使われるマップチップはトップビュー(上から見た図)用の素材です。
そのため、前作ではそれに習って作っていました。
具体的には線対称&点対称な形をしています。

しかし、よくよく2Dアクションで使われるマップチップを良く見ると、上部だけ加工されているマップチップがあることがわかります。
それを踏まえた上で、マップチップを描いてみました。


   ←新規作成チップ         前回のチップ→

このようにすれば上部だけ違う印象を与えることができます。
サイドビューで見た場合、確かに「道」として存在するのは上部だけであるためこのような表現の方が適しているとも言えるでしょう。
場所にもよりますがこんな感じでマップチップは作っていきます。

空中ブロックに関して

探索型アクションでは雰囲気を出すことが重要になります。
そのため、2Dアクションでよく用いられる「空中ブロック」はあまり多用しないほうがいいと考えました。

例えば、左のブロックの配置などは2Dアクションではよく見る配置です。
しかし、じゃあなんでそこにブロックがあるのか?と聞かれると答えることが困難です。
機械的や幾何学的なものならまだしも自然物が上部にあるのは考えにくいです。

そのため、中央のように地上から繋げれば段差だとすぐに分かります。
この場合、ブロックではなく上に乗れる床なので当たり判定は異なります。
同じ当たり判定にする必要があるならば右のように奥側に背景を置くことで解決できます。
これで奥から手前にブロックが飛び出ているとすぐに分かります。
こういうちょっとした工夫が大事なんじゃないかなーと思います。

意味のないオブジェクト

ゲーム雰囲気を出す方法には重要な要素があります。
それは、システム的に何の意味もないオブジェクトです。


具体的には図にあるような草や花などです。
これらは当たっても何も起きず、地形的に意味を持ちません。
しかし、何もないよりかは遥かに雰囲気を出すことができます。
これはツクールやウディタのマップ講座等でもよく言われていますね。

で、この事実自体は前から知っていたので前作でも積極的に配置するようにしていました。
しかし、システム的に1つ問題があったのです。
それがレイヤーです

レイヤーについて

レイヤーとは同じ場所に重ねることができる機能です。
これがあることによってレイヤー1に地形、レイヤー2に草を置くことで重ねることができます。
しかし、前作では時間不足&技術力不足によりなんとレイヤーが1つしかなかったのです!
さすがにこれはマップ設計上大きな足枷となるのでここ最近はこれを頑張って実装していました。
アイテムも並列で実装していますが、より優先すべき内容だと判断し先に終わらせました。

感想

マップ設計っていろいろ考えることがあるんですね...
プレイヤーとしてゲームに触れている間はこんなこと気にも留めていませんでしたが、いざ実装してみると物足りなさから気づくことが多いです。
自分が作成できる元画像は決して上級とはいえない分類なので、表現方法を工夫してグラフィックの質を向上させたいですね。

\いいねで応援!/

記事を検索