Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

投稿記事

2020年 12月の記事(2)

Ci-en公式

Ci-en公式 2020年12月24日 18:45

Ci-enコラム 「Ci-enカード」について

こんにちは!
クリスマスは冬眠中、リス子(仮)です!

Ci-enに実装された機能について簡単な紹介をしつつ、
どんな思いで機能追加されたのかをコラム形式でお伝えします!(不定期更新です)

2回目の今回は「Ci-enカード」機能についてです!
リリースされたのは2019年6月。いまこの記事を書いている時からなんと1年半以上前!

「なんで今、そんな昔にリリースした機能を?」と思うかもしれませんが、
新型コロナウイルス感染症の影響が未だにある今だからこそ、
なにかアイデアにつながれば…と思って今回取り上げてみました。

機能リリース時のお知らせ

支援者の証「Ci-enカード」を表示できるようになりました!

本文

時期は2019年夏コミC96の直前。出展されるサークルさんに向けて、
「リアルなイベントの場所でコミュニケーションのきっかけにできる機能」
って何かないかな?というのが始まりでした。

というのも、
昔からCi-en公式Twitterをフォローして下さっている方ならわかるのですが、
このリス(わたしのことです)、リアルイベントにも割と行くんです。

サークル出展者さんとファンの皆さんとお話しされている様子を、
素敵だなと思いながら、なるべく邪魔にならないように遠くから腕を組んで見ています🙄

そういうリアルな場所で行われる会話の
話題の1つとしてCi-enが登場して、さらに話のきっかけにしてくれれば嬉しいなというところから考えました。
スマホに特化させた、すぐに見せられる会員証カードのようなもの、
という初期コンセプトは割とすぐに出た記憶があります。

※その後スタッフに話を持ち込んだ時に、
 「キラカードみたいにしましょう!」と提案してくれたデザイナーに対しても即OKが出ました。
 きっとスタッフみんなの「少年の心」が騒いじゃったんだと思います。

そうしてリリースされた「Ci-enカード」機能。
一般的に、新しい機能を考えるとき、大きく分けて2つに分類されます。
1つは、事前に利用例をかっちりと決めた機能。
そしてもう1つは、事前に決めた利用例以外の余白を残した機能。
Ci-enカード機能は後者でした。

例えば、リアルイベントで話題に上げていただくこと。
例えば、会場で見せてくれた方になんらかの特典をプレゼントすること、などなど。
それと、なんでもないふとした時にCi-enカードを見てもらい「ふっ」としてもらう。
(もちろんポジティブな感情ですが、なかなか説明するのが難しいので、「ふっ」の解釈はこれを読んだ皆さまにお任せします)

そうしてリリースしたこちらの機能ですが、
リアルイベントで使ってくださっているクリエイターさんに好評いただけただけでなく、
ネット上の活動でも色々と活用方法を考えてくれたクリエイターさんもおり、大変嬉しく思います。

そして2020年になりました。
新型コロナウイルス感染症の影響もあり、
以前のような規模でリアルイベントを行うことが非常に難しくなりました。

そういう世の中で、Ci-enカード機能がもつ意味もすこし変わって、
いつでも見れる、クリエイターさんとファンのみなさんとの「つながりの証」になっているのかもしれない、と思うようになりました。

スマホの画面越しにCi-enカードをお見せする機会は減ってしまったかもしれませんが、
Ci-enカードを見ることをきっかけに、ネットでできるなにか別のカタチでの応援について、
なにか別の機能か施策か、これからも考え続けてみようと思います。


今後もこうしたコラム形式で、機能リリースや施策の実施までどういうことを考えたかをお伝えできればと思います!

今回取り上げたCi-enカードについて、
・オリジナル画像を設定したいクリエイターの方は、
 こちらから各プランの「編集する」ボタンをクリック
・Ci-enカードを改めて見たい支援者の方は、
 こちらから各クリエイターのプロフィールページを開き、「Ci-enカードを表示」をクリック
してみてください!

もし聞いてみたいことや気になることがあれば、
Ci-en公式Twitterにリプを飛ばしてみてください。
全部にお答えするのは難しいですが、内容は必ず拝見します。

また、こういう機能があればいいのに、
という希望やご要望がある方はお問合せフォームからご意見下さいませ。

それではまた!🐿

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
Ci-en公式

Ci-en公式 2020年12月21日 11:56

Ci-enコラム コメント時に確認画面を表示、報告機能について

こんにちは!お久しぶりです
Ci-en終身名誉プロデューサーのリス子(仮)です🐿

Ci-enに実装された機能について、
簡単な紹介をしつつ、どんな思いで機能追加したのかを、コラム形式でお伝えします!
(更新は不定期!です!🙏)

今回は、先日リリースされた2つの機能についてです。

機能リリース時のお知らせ

コメント時に「攻撃的・悪質でないこと」を確認する画面が表示されます
不適切なコメントやユーザーを報告する機能を追加しました

本文

クリエイターの皆さんも、支援者の皆さんも、
Ci-enを利用してもらうために何ができるだろう、というのが始まりでした。

そのためにはもちろん、
新しい機能を追加したり、機能を使いやすくすることも含まれますが、
Ci-enがクリエイターの皆さんと支援者の皆さんで成り立っているサービスである以上、
安心して活動をつづけてもらう場所を提供する必要があると考えました。

世間的にも、特にここ2~3年で誹謗中傷に対する意識が大きく変わったと感じています。
個別の事例についてはここでお話ししませんが、
スマホの普及もあって、普段応援している方に対してSNSで手軽にコンタクトが取れるようになった結果、その1つなのだろうと考えています。

とても残念なことではありますが、
Ci-enに投稿された記事のコメント欄を覗いてみると、
誹謗中傷や暴言と思える不適切な内容のものもあります。
もしかしたら、そういうコメントをした人にも、なんらかの意図や背景があるのかもしれません。
でも私たちは、受け入れがたいコメントを残してしまっているという事実しかわかりません。

理想だけを言えば、今回実装した2つの機能がなくても安心して活動できるサイトなら最高です。
大多数の方にとっては1画面挟まるのは手間ですし、報告するのも気持ちのいいものじゃないですしね。
ですがそれは、今、現実的に困っているクリエイターの皆さんや支援者の皆さんから目を背けることになってしまいます。

ファンクラブ、コミュニティ、オンラインサロンなどなど、クリエイターさまによって呼び方や運営方針の違いはあれど、
これからもCi-enを使い続けてもらう為に見過ごせない問題だという考えから、今回この機能を実装することを決めました。
(ちなみにスタッフに機能実装する旨を伝えたときにも、すぐに受け入れてくれました)


不定期にはなってしまいますが、今後も機能リリースや施策実施までどういうことを考えたかをお伝えできればと思います。
(すべての機能についてお話しするのは難しいので、その点はご了承ください!あと順番も)

もし聞いてみたいことや気になることなどがあれば、
Ci-en公式Twitterにリプライしてみてください。
お答えするのは難しいのですが、内容は必ず拝見します。

また機能改善要望などある方は、
お問合せフォームにもご意見くださいませ。

それではまた!🐿

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
  • クリエイタータグ

  • 外部リンク

月別アーカイブ

限定特典から探す

記事を検索